平成29年8月 会長先生法話

0

    *8月1日(火):朔日参り(布薩の日)式典に於いて大阪教会松本教会長から8月号教団月刊誌「佼成」会長法話より今月の信仰生活の指針をいただきます。
    会長法話

    見えないはたらきに気づく   庭野日鑛 立正佼成会会長

    信仰は「気づき」のきっかけ

     いま流行りの脳トレーニングではありませんが、今月はまず初めに、クイズを出題したいと思います。「空気・心・ご縁」。この三つに共通することがらが何か、みなさんはおわかりになるでしょうか。一見、なんのつながりもなさそうですが、これらには次の共通点があります。「実際に触れることも見ることもできないものでありながら、私たちが生きるうえで欠かせない大切なもの」これが答えです。ふだんはあまり気に留めることがないにもかかわらず、その存在の大切さに気づけば、感謝せずにはいられなくなるものといえるでしょう。もちろん、まだほかにも同じ理屈にあてはまるものはありそうです。みなさんは、何を思い浮かべますか。心やご縁を具体的に考えてみても、たとえば親のご恩やご先祖の徳、家族の思いやりや友人の気遣いなども、つい感謝を忘れてしまいがちな「目には見えない大切なもの」といえます。スイスの画家パウル・クレーは、「芸術は見えないものを見えるようにする」といっていますが、宗教や信仰もまた「目に見えないものを見えるようにする」ものです。正確にいえば、目に見えない心のありようや「いのち」の不思議・有難さ、そして生命の尊さなど、人として生きるうえでほんとうに大事なことに気づかせてくれるきっかけを、宗教や信仰は与えてくれるのです。では、それが現実の生活においてどのような意味をもっているのかを考えてみましょう。

    素直になる

     法華経の如来寿量品に「常に此に住して法を説く」という一節があります。仏さまはいつも、私たちのすぐそばで法を説きつづけてくださっているということです。ところが、そのあとすぐに「我常に此に住すれども、諸の神通力を以って 顛倒の衆生をして近しと雖も而も見ざらしむ」とつづきます。すなわち、私たちにはそれが見えない、聞こえない、わからないというのです。なぜかというと、「顛倒の衆生だから」と経文にあります。ものごとを誤って受けとったり、自分本位のかたよった見方をしたりするからだというのです。それでは、私たちはどうすれば仏さまのメッセージに気づけるのでしょうか。いちばん簡単な方法は、素直になることです。素直になれば、目に見えない大切なものも、仏さまの説法も手にとるように感じられ、まざまざと見えてくるはずです。その証拠の一つが、本誌にある「信仰体験」であり、本会の大聖堂や教会道場でみなさんが発表される「体験説法」ではないでしょうか。どれほどつらい現実に直面しても、それをありのまま素直に受け入れたとき、人はそれぞれに大事な気づきを得るーーーある人は多くの人の支えに気づき、ある人は生命の尊さを味わい、またある人は友や家族の思いを痛感し…。それはどれも、いままで思いもしなかった感謝に変わり、そのことに気づくきっかけとなった厳しい現実にさえ「ありがたい」と、頭を垂れます。客観的に見れば苦境にあることに変わりはなくても、目に見えない大切なことに気づいたとき、多くの人が胸のつかえのとれたような安心感に満たされるのです。それは、救いだと思います。目に見えないもののはたらきや仏さまの声に気づくというのは、いうなれば幸せになる早道です。お盆や夏休みでおおぜいの人が集まることの多いこの季節は、みんなで「目に見えない大切なもの」に思いを馳せるいい機会かもしれません。合掌

     

     


    平成29年8月 大阪教会主要行事

    0

      1日(火)9:00〜 お朔日参り 布薩の日(夜間ありません)

                     講演(WCRP国際委員会副事務総長:杉野恭一様)

      4日(金)9:00〜 開祖さまご命日・『常住此説法』

      10日(木)9:00〜脇祖さまご命日/報告会(西警察防犯課)

      15日(火)9:00〜 釈迦牟尼仏ご命日

                  戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日

      ※家庭修養日:6日(日)・26日(土)

       館内整備日:16日(水)

       自由参拝日:11日(金)〜14日(月)


      淀川支部吹田西地区大会

      0

        淀川支部吹田西地区大会

        〈テーマ〉

         地区家族でひろめよう法の輪

        ○日 時/平成29716日(日)

              11001300

        ○場 所/吹ニ公民館

        ○参加者/12

        暑気日ごとに加わった日曜日に地区大会を開催しました。始めに、南地区主任が教団月刊誌「佼成」7月号“会長法話・相手を認め、讃える”を読み上げ、職場で実践したことを発表しました。次に、桑本支部長が先の発表のかみしめをした後、「祝福神」という七つの言葉を日常生活の中で使うと、前向きになれるヒントになると話しました。今年で3回目となるランチ作りは“そうめん”で、調理の仕事をしている会員さんにレシピを教えてもらい、ワイワイガヤガヤと楽しく料理し、デザートのフルーツポンチも食べて笑顔あふれる一日となりました。明日からの布教伝道に繋げていきたいと思います。



         


        寝屋川東支部三井(みい)地区大会

        0

          寝屋川東支部三井(みい)地区大会

          〈テーマ〉 明るく 楽しく 温かく

          ○日 時/平成29527日(土)

                11001300

          ○場 所/東部公園

          ○参加者/16

          若葉薫る土曜日に野外で地区大会を開催しました。始めに玉利支部長から挨拶があり、“うちわを作ろう”コーナーでは、思い思いにカラーペンで好きな絵を描いたり色紙を貼ったりして、ステキなうちわが出来上がりました。次に“ちょっと嬉しかったこと”では、参加者が「小学校の相撲」で優勝したこと・自分の病気が治ったこと・家族が元気で暮らせていること等を発表しました。ランチタイムになり、おむすびと手作りのフルーツポンチを食べ、公園内のトリムのコースを廻ったりして、おかげさまで明るく、楽しく、温かい一日を過ごすことができました。




           


          寝屋川東支部太秦・打上地区大会

          0

            寝屋川東支部太秦・打上地区大会

            〈テーマ〉

               皆んなで参加して

                楽しい集いにしましょう!

            ○日 時/平成29528日(日)

                  10301300

            ○場 所/ファミリータウン集会所

            ○参加者/28

             快い初夏の風がふく日曜日に、太秦(うずまさ)・打上(うちあげ)2地区合同大会を開催しました。始めに玉利支部長より挨拶があり今回は、上田教会布教員と中越教会布教員に地区会員の姓名鑑定を依頼しました。待ち時間に、本会の会長先生の年頭ご法話“有り難し”を拝読し、日常生活の中で“ありがとうの心”を言葉に表すことを参加者で確認しあいました。レクレーションコーナーでは、昔懐かしいトランプやジェンカで身体を動かしたりして、和気合い合いの楽しい一時を過ごし、明日からの布教活動に繋げたいと思います。



             


            枚方南支部ひらかた・光善寺地区大会

            0

              枚方南支部枚方・光善寺地区大会報告

              〈テーマ〉

              明るく楽しくありがたく 今日の出会いに感謝

              ○日 時/平成29年6月11日(日)

                    10:30〜12:15

              ○場 所/楽寿荘(枚方市北中振)

              ○参加者/40

              梅雨晴れの日曜日に、枚方・光善寺2地区合同で大会を開催しました。始めに笠井支部長が立正佼成会の平和貢献活動への取組みについて話しました。次に、未会員さんによる心やすまる“オカリナ演奏”の披露がありました。ミニ説法では、壮年部員が夫婦で経営している介護予防施設“ゆうあいサロン”で利用者とふれ合う中で、感動したことを発表しました。つづいてのフラダンスコーナーでは、婦人さん方に混じって男の方が仮装して踊り、会場は笑いの渦につつまれました。最後にお楽しみ抽選会を行い、参加者に粗品を贈呈しました。今日の出会いに感謝し、法の輪を広げていきたいと思います。




               


              天神祭「万灯行進」奉納・宮入りのお知らせ

              0

                立正佼成会大阪教会

                天神祭「万灯行進」奉納・宮入りのお知らせ

                日々ありがとうございます。

                 来る平成29年7月23日日曜日午後3時30分から午後5時40分頃まで、大阪天満宮さまの寛大なお慈悲を賜り、天神祭に本会の「万灯行進」を奉納・宮入りさせていただくことになりました。行進するコースは、大阪市北区の滝川公園から出発して大阪天満宮に宮入りし、その後商店街を通って滝川公園に戻ってくるというものです。

                 立正佼成会参加者一同、元気で明るく勢いあふれる万灯行進を奉納させていただき、天神祭を盛り上げて、大阪発の明るく楽しくあったかい地域社会づくりに貢献させていただきたいと思いますので、皆さま、どうぞ応援のほどよろしくお願い申し上げます。合掌

                29纏.纏.JPG29万灯.万灯.JPG29鳴り物(正面).鳴り物(正面).JPG

                 

                 

                 

                 

                 

                29笛.笛.JPG29太鼓.太鼓.JPG29鉦.鉦.JPG

                 

                 

                 

                 

                 

                (※写真は昨年の生誕地まつりのものです)


                 


                平成29年7月 松本教会長のことば

                0

                   梅雨の時期らしい天気が続いておりますが、みなさまお元気でしょうか。

                  今月は、会長先生より「相手を認め、讃える」というテーマでご法話を頂戴しました。一般的に「讃える」というと成績がいいとか、仕事が早いといった表面に現われた「すぐれている姿」を見て、すばらしいと認め、讃えます。しかし、釈尊は、ご自身の生命をねらった提婆達多や殺人鬼アングリマーラなど、普通では到底受入れられない相手も認め、讃歎されたのです。では、釈尊は何を見て讃歎されたのでしょうか。それは、表面の姿にとらわれず、「いのち」そのものの本質を見たのです。それを会長先生は、「釈尊がどれほど罪深い人に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きを見ていたからにほかなりません。」と教えてくださいました。また、「私たちはお互いさま、本来、仏・菩薩の徳を本具する『いのち』であるということを忘れてはならない」ともお示しくださいました。私たちは、受け入れ難い人に出会っても、お互いの中にある尊い「いのち」の本質である仏・菩薩の徳を、信を持って合掌礼拝させていただきたいものです。しかし、私たちの日常生活の中では、直接触れる人の中にも、ニュースなどで知る人物の中にも、どうしても認められない人が現われることがあります。会長先生は、「やってみせ 言うて聞かせて させてみて ほめてやらねば 人はできぬぞ」という慈雲尊者の言葉を紹介され、教えられる側の成長には、なにより自分自身の成長が重要であることをご指導くださっています。つまり、自らが、どんな相手も受入れる大きな器をもつことが大切であるということです。そうすると、愚痴っぽい人に出会っても、自分の思いを貫き通すわがままな人に出会っても、「私の関わり次第で、必ず成長される方」と相手を拝みきることができるのです。器が小さいと、未熟な分だけ、拝めない人が次々と出てくるものです。相手を排除したり、「とにかく前向きに受け取ってほめればいい」と安易にテクニックに走らず、「この方のおかげで私の器を大きくしていただける」「この方は自分の信を深めてくれる人」と相手を心から拝める私たちにならせて頂きたいものです。また会長先生は、昭和40年の開祖さまとのエピソードを通して、本質を見ていく大切さをお示しくださいました。会長先生は当時、ご自身が開祖さまの後継者として指名されることへの葛藤を抱えられ、4日間の逃避行に出られます。帰宅された後、開祖さまから「人間の底にかくれているほんとうの能力というものは、もともと大差はない。仕事ができるかできないかは、努力するかしないかで決まるのだ」という言葉をかけられ、心を強く揺さぶられます。その後、8日間の断食修行に入られ、修行を終えられた会長先生の心には「あれだけの難行苦行をやってのけたのだから、できないものは何もないぞ、さあ何でもこい!」という気持ちが湧き上がってきたそうです。開祖さまは、会長先生と一緒にお風呂に入られ、修行を終えられた会長先生の背中を流しながら、「背中につやが出てきたな」とお言葉をかけられます。開祖さまは、葛藤を抱えながら自分を見つめ、努力をされていた会長先生のお心をすべてご存知で、自分では見えない“背中”をほめることで、目に見えない会長先生の本質を認め讃えられたのです。会長先生の当時の喜びはいかばかりだったでしょうか。50年以上経った今でも私たちにお分けくださる位、会長先生にとって大切な出来事であったと受け取らせていただきます。開祖さまのように相手の心の機微に触れ本質を認め讃えることで、ふれあう相手の「やろう」という気持ちを引き出せる私たちにならせて頂きたいものです。そのためには、仏道修行そのものである仏・菩薩の徳を讃えることを通して、自らの器を大きく成長できる私たちになるよう、これからも修行精進させていただきましょう。

                   今月23日大阪教会は、日本三大祭の一つ天神祭の前夜祭に、立正佼成会として、万灯行進を大阪天満宮の神さまに奉納させていただきます。今回のことは、全ての宗教を礼拝・讃歎された開祖さまのお徳のおかげさまで、日本のすべての宗教を包み込み、大切にしてくださる神道のお心に触れられる機会を頂戴したと受け取らせていただいています。大阪のみならず全国・世界中のみなさまの幸せを祈願しながら、大歓喜の心で行進させていただきたいと存じます。合掌

                   


                  平野支部ブロック大会(瓜破西・加美南・平野地区)

                  0

                    平野支部ブロック大会

                    (瓜破西・加美南・平野地区)

                    〈テーマ〉

                    自ら悦びもって 一人ひとりに寄り添い 仏さまと共に歩もう

                    〇日 時/平成29年5月28日(日)

                         13:00〜15:00

                    〇場 所/長原会館 

                    ○参加者/29名

                     晴れわたる五月の空の日曜日に、瓜破西・加美南・平野地区合同でブロック大会を開催しました。八方支部長のあいさつで始まり、ファミリーで参加してくれた会員が4家あり、少年部員がゲームやダンスに大活躍して会場は盛上がりました。地区から一人ずつのミニ説法では、佼成会に入会して仲間たちといっしょに、教えを実践をすることで幸せをいただいた、悦びの発表がありました。同じ支部ですがそれぞれ地区の特色があり、ふれ合いのなかで学ぶことが多くあった大会となりました。




                     


                    平成29年7月 会長先生法話

                    0

                      *7月1日(土):朔日参り(布薩の日)式典に於いて大阪教会松本教会長から7月号教団月刊誌「佼成」会長法話より今月の信仰生活の指針をいただきます。
                      会長法話

                      相手を認め、讃える   庭野日鑛 立正佼成会会長

                      「いのち」を讃歎する

                      人のすぐれているところをほめることを、一般に「讃える」といいます。では、その「すぐれているところ」とは、何を基準にしてそういえるものなのでしょうか。ふつう私たちは、成績がいいとか、仕事が早いとか、性格がいいとか、運動に長けているといった長所を指して「すぐれている」といい、その人を認め、讃えます。ところが釈尊は、自分の生命を奪おうとした提婆達多を「善知識」と讃え、殺人鬼と恐れられた鴦掘摩(アングリマーラ)の再生を信じ認めて、弟子の一人に加えたといわれます。世間の常識とは異なる見方かもしれませんが、ここには、人を認め、讃えるときの大切な着眼点が示されています。一般でいう「賛嘆」は「深く感心してほめること」を意味します。この見方に立つと、自分を殺そうとした人を讃えることは、まずあり得ません。いっぽう仏教でいう「讃歎」は「仏・菩薩の徳をほめ讃えること」と教えています。そのことに照らせば、釈尊がどれほど罪深い人に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きをみていたからにほかなりません。人を評価し判断するうえで、その人の行動や言葉や性格は無視できないものです。しかし、そのことにとらわれると、もともと讃えるに値する仏性という大切な視点を忘れてしまいがちなのです。仏法を学ぶ私たちにとって、人を認め、讃えるとは、相手の「いのち」を讃歎することではないでしょうか。ただ実際には、なかなかそこまでは気づけません。それでも、たとえば親が子を見るとき、上司が部下を評価するとき、あるいは友だちとふれあうときに、相手のすぐれたところを見る心がけとともに、私たちはお互いさま、本来、仏・菩薩の徳を本具する「いのち」であるということを、忘れてはならないと思います。

                      「ノウハウや言葉ではなく」

                      ほめるとか讃えるというと、最近はとくにテクニックとしてのそれがもてはやされ、人材育成や子育てのマニュアルには「ほめる」効用があふれています。江戸時代の僧、慈雲尊者の「やってみせ 言うて聞かせて させてみて ほめてやらねば 人はできぬぞ」という言葉も、そうした意味の名言として引用されることが多いものです。ところがよく読むと、ここでは教えるほうも教えられるほうも、ともに成長していくことの大切さが示されています。相手をほめるというのは、自分の心を開くことです。ほめることが大事といわれても、頑な人は、そのままではお世辞の一つも出てきません。素直に相手を認め、讃えていく気持ちが、人と打ち解けたり、和やかな関係を築くことになるのでしょう。その意味では、人を認めて讃えることも、じつは人のためではなく、自分を磨く実践の一つといえるかもしれません。昭和四十年のことだったでしょうか。私が当時、さまざまな葛藤を抱えたまま、初めて断食に臨んだときのことです。断食道場で八日間の断食と漸減・漸増食の期間を終え、帰宅してお風呂に入っていたところ、突然、父、開祖さまがお風呂場に入ってきたのです。さらに「背中を流してやろう」といって、体重が落ちた息子の背中を流しながら、「背中にツヤが出てきたな」と、ほめ言葉ともいえないようなひと声をかけてくれました。ごくありふれた、親子の裸のつきあいだったのですが、私ども親子にとって、めったにないできごとでした。その経験から、相手を認め、讃えることについて、何が大切なのかが少しわかる気がします。けっしてノウハウや上手な言葉ではなく、自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う気持ちに尽きるように思うのです。

                       


                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:120 最後に更新した日:2018/07/22

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM