平成30年10月 会長先生法話

0

    ※10月月1日朔日参り(布薩の日)式典にて大阪教会松本教会長より教団月刊誌「佼成」10月号『会長法話』から今月の信仰生活の指針を頂きます。

     

    会長法話    

    自他ともに心楽しい精進を   

                庭野日鑛 立正佼成会会長

     

    樹 木 が 紅 葉 す る よ う に

     

      紅葉してそれも散行く桜かな

     暦の上では秋を迎えたこの時季の趣を、俳人の与謝蕪村がこのように詠んでいます。桜の葉が、ほかの樹木に先んじて色づき散るようすを描写した句ですが、春の花がみごとに咲き、散っていく姿を重ねあわせると、与えられた生をひたむきに全うする桜木のありように胸を打たれます。

     

     ところで私たちは、ものごとにいっそう勤め、励むときなどに、努力とか精進という言葉を使います。そのためでしょうか、ひたむきな努力や精進と聞くと、骨の折れる、苦しいことに感じられます。信仰においても、「精進、精進、死ぬまで精進、生まれ変わったらまた精進」といった意気込みにふれると、思わず気圧される人もいそうです。 

     

     ただ、精進というのは、本来、気負って努めることでも、苦しみに耐えながら励むことでもないと思うのです。

     

     「精進」の「精」の字は、米を搗いて白く(精白)することで、そのことから、純一無雑、つまり、まじり気のない前向きな生き方をすることを精進といいます。また「精」の字には、「もと」とか「本来の力」という意味もありますから、私たちがよく口にする「精進しましょう」は、「まじり気のない自分本来の力を、まっすぐに発揮していこう」という意味と受けとることができるのです。 

     

     そう考えると、冒頭の句のような、桜の葉が紅葉し、散るといった自然の営みは、すべてが精進のありようを示すお手本といえます。そして私たちも、絶えず創造・変化する自然の一部ですから、「天地自然の理に随って生きるように」と勤めることが精進であり、「八正道」に示される「正精進」とは、そのことをいうのではないでしょうか。

     

    本 来 の 自 分 に 出 会 う

     

     ただ、樹木と違って、私たち人間には自分本位の我が出ることがあります。好き嫌いや善し悪しなど自分のものさしがあり、目の前の現象を率直に受けとれなくなるときがあります。そのとき、心を真理にそわせていく工夫をこらすことが「精進する」ということで、その工夫、つまり、ときに応じた精進のあり方を、釈尊はさまざまに説き示されています。

     

     たとえば、「信仰が私の播く種であり、鍛錬が雨である。/智慧が私の犂であり、恥じることが轅である。/心が縛る縄であり、内省が犂先と突棒である。/身と言葉を慎み、食を節して過食しない。/真実を守ることは私の草刈りである。/柔和は牛の軛を離す事である・・・・」という、拙著(『心田を耕す』)でもご紹介した詩偈のなかの、「恥じる」「内省する」「身と言葉を慎む」「過食しない」「真実を守る」「柔和」などの姿勢をとおして、ときどき顔をだす自分のわがままな心を反省したり、懺悔したりしながら本来の自分に帰るのです。ただし、やはりどれも気負って努めることではなく、むしろ自分もまわりの人も、ともに心楽しくなるような工夫ととらえてみてはどうでしょう。

     

     少し言葉を慎むだけで調和が生まれ、柔和に接することで相手の心がほぐれます。腹八分目で体が楽なのは、だれもみな体験していることでしょう。

     

     以前、まるでこの詩偈を写したかのような、「正精進の心で日々をすごす誓い」を機関誌で見たことがあります。「人の喜ぶことをしよう」「人に親しまれる自分になろう」「自分に恥じない行動をしよう」「人にはやさしく親切にしよう」「絶対に怒らない自分になろう」。このことを日々くり返し自分に言い聞かせ、ときには反省しながら仏道を歩む喜びを語っておられたのです。それは、精進をとおして本来の自分に出会う喜びだと思います。そして、この本来の自分とは、いうまでもなく仏性にほかなりません。

     

     


    平成30年10月 大阪教会主要行事

    0

      10月の教会主要行事

       

      1日(月)9:00〜 朔日参り 布薩の日

                 (夜間担当:青年部)

       

      4日(木)9:00〜 開祖さま入寂会

                 〜本部よりインターネット中継〜

       

      10日(水)9:00〜 脇祖さまご命日 

                  報告会(普門よろず相談室)

       

      13日(土)9:00〜 日蓮聖人遠忌法要 没後737年

                  万燈布教出発

       

      15日(月)9:00〜 釈迦牟尼仏ご命日 

                  仏説観普賢菩薩行法経拝読

       

      22日(月)9:00〜 一斉布教デー

       

       ※家庭修養日:6日(土)・16日(火)・26日(金)

        館内整備日:2日(火)・17日(水)


      西南支部・淀川支部 地域別大会

      0

        教団創立80周年記念 

        地域別大会 西南支部・淀川支部

         

        テーマ「仏さまとつながり 地域につながる」

         

        〇平成30年9月2日(日)

              10時〜12時30分

        〇此花区民ホール

        〇参加者数 432

         

        <式次第>   司会:冨金原婦人部員

         

        第一部

        あいさつ:大阪教会 松本教会長

        来賓挨拶:今西氏・高野氏

        体験説法:奥山西南支部地区主任

        ご講話:酒井元教団理事長

         

        一食を捧げる運動について…青年五部有志

         

        第二部

        落語:笑福亭 鉄瓶

        謝辞:桑本淀川支部長

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        〇桑本支部長コメント

        テーマのもと、両支部共に80周年をきして主体的に地域とのつながりをより深めようと新たなチャレンジに取組みました。各会員が、自らの「発」をもって地域へと心ひとつに一丸となって精進させていただけたことが、大きな成果になったと感じています。








         

         




         


        平成30年9月 松本教会長のことば

        0

           

          今月の松本教会長のことば

           

           朝夕少しずつ涼しくなり、秋の訪れを感じる日も増えてきましたが、皆さまお元気でおすごしでしょうか。気温の変化が大きい時期ですが、お互いさま健康に留意し、秋を迎えてまいりたいものです。

           

           さて、今月は脇祖さま報恩会、来月は開祖さま入寂会、11月は開祖さま生誕会と両祖様への報恩感謝を深める3か月が始まります。教えによって救われた喜びを多くの人にお伝えさせていただくことで開祖さま、脇祖さまへの感謝を表す「報恩感謝の布教月間」と教えていただきます。

           

           今月は八正道の「正命」について、「あらゆる『いのち』に奉仕する」というテーマで会長先生からご法話を頂戴しました。「正命」とは、一般の社会で暮らす私たちにあてはめると、「正しい仕事によって生計を立てる」ということになります。そして「正しい仕事」の「正しい」とは、「仕事の対象となる相手や物を尊び、敬い、感謝の念をもって、与えられた役割に一所懸命とりくむ」ことだとお示しくださっています。あらゆるものを拝む気持ち、感謝の念は、仕事はもちろん、私たちの生活すべてにわたる「正しい」生き方の根本であるとも教えて下さっています。生き方といえば、生かされて生きている私たちの「いのち」を正しく使っていくことが大切ですが、会長先生は、家事や仕事はもちろん、人さまのお世話をすることや、あるいはお世話をしていただくことさえも、そのときその人に神仏から与えられた、いわば天命ともいえるお役ですから、それを素直に受けとめて、楽しくつとめることは、「正しい命の使い方」にほかならないと、お示しくださっています。私たちは自分の意にそぐわない縁に触れると、「なんでこんな目に・・・」とか「なんで自分だけが・・・」というような気持になる事がありますが、そうではなく、生活すべてが仏さまからいただいた天命ともいえる「お役」なのだと受けとめ、主体的に、そして素直に生きていくことが大事なのだと学ばせていただきました。

           

           脇祖さまは「仏さまの教えは基本を大事にしてこそ輝き、信仰とは日々の暮らしそのものだ」と教えてくださいました。生活の中に正見、正思、正語、正行を実践することが大事であり、生活そのものが信仰を深めていくことになるという「信仰即生活」「生活即信仰」を教えてくださっています。その「生活即信仰」について、会長先生はご著書『明日に向かう』の中で次のように述べられています。

           

          『「生活即信仰」の精神が最も顕著に生かされた場が法座です。

           法座は、日常生活の悩みや苦しみを仏さまの教えに照らしあわせて解決する場でもありますが、自分の罪業を仏の前に告白し、心を洗い清めるサンゲをすることが、法座修行の一つです。つまり、静かに日常生活をふりかえり、常に仏法に基づいた考え方や行いができるように、人々が日々新たに生まれかわる場が法座といえるでしょう。先輩や幹部さんによって日常生活に即した教えや行法の指導がなされ、信仰即生活、生活即信仰の展開がなされる場であり、信仰のエネルギーに新たな活力を注ぎ入れる場でもあるのです。

           

           法座は、同悲同苦の菩薩行実践の場です。同信の人たちの悩みや苦しみの声を、自分のものとして聞き、共にサンゲしあい、そして仏法に照らしあわせてその悩みの解決を共に考え、共に実践する場です。

           

           悩みを打ちあける人にとっても、悩みを聞かせていただく人にとっても、法座は、まさに仏法によって現実の悩みや苦しみを解決し、かつ、魂の浄化を通して人間が救われていく場なのです。

           

           法座では、生活指導がなされます。生活の中で教えをどう実践するか、どんな心がまえでいくのか、その実践の中から仏さまをどう実感するか ― それらの大事なことが共に話し合われます。

           

           法座では、生活の中で実践した人の体験が語られます。実践し救われた人の喜びや、障害に出遭って、くじけそうな心の弱さが正直に語られ、決じょうを新たにして、再び実践へ踏み出していくのです。

           

           法座は涙の場、喜びの場としたいものです。共に泣き、共に喜びあう輪の中からこそ、厳しい現実に負けずに教えを実践していくエネルギーが、フツフツとわきおこってくるのです。

           

           くりかえしますが、法座とは仏法に照らし合わせた生活指導がなされる場であり、「生活即信仰」の展開がなされる大事な場であるということです。』(庭野日鑛『明日に向かう』佼成出版社)

           

           毎月の地区法座、各部ごとの法座、それぞれの報告書に目を通させていただくと、毎日の生活、嫁姑や夫婦の関係、借金の問題など、それにどう向き合っていったらよいか、何を実践していけばよいかなど真剣に話し合われています。

           

           法座は佼成会の「いのち」と教えていただきますが、「八正道」を具体的に学び生活に生かす場が法座です。法座修行によって生活に即して智慧を磨き、身口意の三業を正していくことが「正しい命の使い方」につながると言えましょう。皆さまも是非、法座に参加しましょう。

           

           今月からはじまる報恩感謝の布教月間を通して、感謝の心を育み、実践し、正しく命を使ってまいりましょう。合掌


          「渉外部の集い」2018

          0

            「渉外部の集い」

             

            〇平成30年8月18日(土)19:00〜19日(日)11:30

            〇学習会・会議…大阪教会 

            訪問研修…愛染堂勝鬘院(四天王寺支院)

             

            1.研修「政治への取り組みついて」

              松本教会長

            2.懇親会

            3.支部部長会議

            4.外部訪問研修…愛染堂勝鬘院

                   (四天王寺支院)

             

             

             

             

             

             

             


             

             

            ※村山渉外部長コメント

             支部渉外部長の相互啓発と情報交換を目的として、年1回一泊二日で実施しています。今回は、松本教会長から研修をいただきその後懇親会へと移り、教会長さんを交えながら楽しいひと時を過ごしました。あくる日は、愛染堂勝鬘院・本堂、多宝塔を参拝し、通常は秘仏となっている御本尊の「御開帳」をしていただき参加者一同感激致しました。また、和宗総本山四天王寺前管長の奥田聖應長老さまのご講話を聞かせていただき、有難い有意義な「渉外部の集い」となりました。



             

             


            平成30年9月 大阪教会主要行事

            0

              9月の教会主要行事

               

              1日(土)9:00〜 朔日参り 布薩の日

                         (夜間はありません)

               

              4日(火)9:00〜 開祖さまご命日・ミニ説法

               

              10日(月)9:00〜 脇祖さま報恩会

                            〜本部よりインターネット中継〜

               

              15日(土)9:00〜 釈迦牟尼仏ご命日 

                    10:00〜 敬老会

               

              23日(日)9:00〜 秋季彼岸会

                          講話:酒井元教団理事長

               

              ※家庭修養日:8日(土)・16日(日)・26日(水)

               館内整備日:6日(木)・7日(金)・24日(月)


              平成30年9月 会長先生法話

              0

                 

                ※9月月1日朔日参り(布薩の日)式典にて大阪教会松本教会長より教団月刊誌「佼成」9月号『会長法話』から今月の信仰生活の指針を頂きます。

                 

                会長法話    

                 

                あらゆる「いのち」に奉仕する   

                                      庭野日鑛 立正佼成会会長

                 

                感 謝 し、仕 え る

                 

                 私たちは、生きていくために必要な衣食住のそれぞれを、随時、手に入れなければなりません。そのことについて、仏教では「正しい生活法によってそれを求めるように」と説かれています。「八正道」の五番めに掲げられる「正命」のことですが、一般の社会で暮らす私たちにあてはめると、「正しい仕事によって生計を立てる」ということになります。ただ、さまざまな仕事に対して、正しいとか正しくないなどの区別はつけ兼ねることです。すると、「正しい仕事」の「正しい」とはどういうことなのでしょうか。

                 

                 「農民は作物に仕え、牧場主は牛に仕え、教育者は子どもに仕える」といった言葉を教えていただいたことがあります。「仕事」は漢字で「事に仕える」と書きますが、仕えるというのは偉大な存在に随うことですから、仕事の対象となる相手や物を尊び、敬い、感謝の念をもって、与えられた役割りに一所懸命とりくむ―――そのような姿勢が、「正しい」の意味するところだと私は受けとめています。

                 

                 また、京都大学の総長を務められた平澤興先生は、「朝には、希望と張り合いをもって仕事をはじめ、夕には、その日の仕事を終わり、感謝をもって、緊張をときほぐし、静かに喜びながら、万物を拝む気持ちになることです」(『生きよう今日も喜んで』/致知出版社)といわれています。あらゆるものを拝む気持ち、感謝の念は、仕事はもちろん、私たちの生活すべてにわたる「正しい」生き方の根本だということでしょう。そして、その気持ちがあれば、不平や不満を抱くことなく、素直に、喜びをもって目の前のことに打ち込むことができるのです。

                 

                正 し い 命 の 使 い 方

                 

                 仕事に限らず、日常生活で目の前のことに一生懸命に尽くすことが、「正しい命の使い方」ということもできそうです。家事や子育てはもちろん、人さまのお世話をすることや、あるいはお世話をしていただくことさえも、そのときその人に神仏から与えられた、いわば天命ともいえるお役ですから、それを素直に受けとめて、楽しくつとめることは、「正しい命の使い方」にほかなりません。

                 

                 「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ」と、釈尊は願われました。私たちの手に余る大仕事に思えますが、けっしてそうとはいえません。あらゆる「いのち」が幸福になるための貢献が、私たちにもできるのです。私たち一人ひとりが、暮らしのなかの小さなひとコマもおろそかにしないで、「正しい命の使い方」につとめればいいのです。すると、それはやがて大きなうねりとなって、釈尊の願われる世界を築く力となります。なぜなら、私たちはみな、物心ともに世界じゅうのあらゆる「いのち」と、網の目のようにつながっているからです。

                 

                 ところで、「八正道」について考えるなかで、次のような一文を目にしました。「正見は実践の始まりであって、また終わりである。つねに正見から外れないようにしなければならない」(『原始仏教の生活倫理』中村元/春秋社)。

                 

                 私たちは「正見」「正思」「正語」「正行」、そして今月の「正命」の各徳目について、一つ一つそれができるかどうかにとらわれがちです。しかし、ものごとをありのままに見る「正見」がすべての基本で、慈雲尊者は「見処が正しくなければ、余事はみな暗闇だ」と断言しています。

                 

                 本会の脇祖・長沼妙佼先生は、信者さんの救いに徹するなか、「朝寝坊がいけない」などの厳しい指導をされました。仏さまの教えは基本を大事にしてこそ輝き、信仰とは日々の暮らしそのものだということを教えられたのでしょう。九月十日は、その脇祖さまの報恩会です。


                2018WCRPカンボジア支援バザー

                0

                   

                  WCRPカンボジア支援バザー

                   

                  カンボジアの子どもたちに学べる夢を〜

                  〇9月30日(日)12:00〜15:00

                  〇立正佼成会大阪教会1階駐車場

                  〇主催:大阪教会普門プロジェクト

                   

                  ー惜しみなく つながるー

                  ☆バザーコーナー

                   新品衣類・古着(洗濯、クリーニング済)・日用雑貨・食器類・手作り小物・etc…

                  ☆フードコーナー

                   かき氷・たこ焼き・ポップコーン・わたがし・etc…

                   

                  ※バザーの品物募っています、ご協力お願いします。

                   大阪教会総務部で受付中!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ▲写真は昨年分
                   


                  天神祭万灯行進宮入奉納

                  0

                     

                    天神祭万灯行進宮入奉納

                     

                     先月23日大阪教会は、日本三大祭りの一つである天神祭の前夜祭に、立正佼成会として万灯行進の宮入奉納をさせていただきました。おかげさまで天候にも恵まれ、感動・感激あふれるすばらしい行進でございました。受入れてくださった大阪天満宮さまはじめ、地域住民の皆さま、行進に参加してくださった信者さん、応援してくださった皆さまに深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。(8月松本教会長のことば より抜粋)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    〇実行委員長コメント(藤井壮年部長)

                    今年度支教区壮年リーダー教育の一環として、この天神祭万灯行進に参加の手取り活動を実施しました。活かされている命のありがたさを支部壮年部長自らが実感し、壮年部員との悦びの共有と新しい会員とのふれあいができ、壮年として支部全体の活性化に貢献できました。また、各部のサンガが前向きに自分の“発”を主体的に一生懸命それぞれのパートで発揮し、全会員の心を大阪天満宮にお届けできました。ありがとうございました。







                     

                     

                     

                     


                    秋季彼岸会

                    0

                       

                      秋季彼岸会

                       

                      〇平成30年9月23日(日)

                       9:00〜12:00

                      〇式典内容

                      (焼香時間/午前7時〜午後2時)

                       

                      ・献花

                      ・瞑想

                      ・読経供養(経典一巻・三部経16

                      ・回向文奏上

                      導師焼香

                      ・体験説法(大東)

                      講話(酒井元教団理事長)

                      ・挨拶(教会長) 

                       

                      秋分を中日(なかび)に、前後三日ずつの七日間が秋の彼岸会です。彼岸は古代インドの言葉・サンスクリット語のパーラーミーター(波羅蜜多・はらみた)の訳「到彼岸」に由来する言葉です。その意味は迷いや境遇の変化に惑わされている現実世界の此岸を離れ、迷いや悩みのない安らかな世界の彼岸に到るということです。お彼岸にはご先祖さまへの報恩の供養や墓に詣で、ご先祖さまを偲び、私たちを見守ってくださっていることに感謝を捧げます。数えきれないご先祖さまによっていのちが受け継がれ、今あるのが「私」です。その尊いいのちを輝かせていくことが、ご先祖さまへの何よりの供養なのです。 

                       

                      ※式典修了後各支部の法座があります。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:154 最後に更新した日:2018/12/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM