平成30年7月 会長先生法話

0

    ※7月1日朔日参り(布薩の日)式典にて大阪教会松本教会長より教団月刊誌「佼成」7月号『会長法話』から今月の信仰生活の指針を頂きます。

     

    会長法話    

     

    和らぎをもたらす言葉   庭野日鑛 立正佼成会会長

     

    正 直 に、誠 実 に

     

     釈尊の基本的な教えである「八正道」の一つに、「正語」があります。真理にかなう言葉を語るということですが、私たちはふだん、そのように「正しく語る」ことを、ほとんど意識していないのではないでしょうか。ですから「正語」といわれても、すぐに生活実践と結びつく人は多くないかもしれません。それでも、日ごろ人と接する際、私たちはその場が和むような会話を自然にしているはずです。なぜなら、そのほうが楽しいからであり、そして、安らぐからです。

     

    「正語」は「有益な言葉を語る」と受けとめることもできますが、調和や和合は私たちが生きるうえでたいへん重要なこと、つまり有益なことですから、その場が和らぐ言葉は、まさに「正語」といえるのです。その意味では、だれもが知らずしらず「正語」を実践しているともいえそうです。

     

     ただ、私たちはときに、調和や和合を乱すような言葉を使ってしまいます。その第一は、自分に都合のいい嘘をついたり、真実を偽って伝えたりすることです。

     

     釈尊は、在家の弟子に向けた説諭のなかで、「他人に向かって偽りをいってはならない」と明言されています。また、「自分を苦しめず、他人を傷つけることのない言葉だけを語りなさい」ともおっしゃっています。嘘は他人を惑わせ、和合を破り、結局は自分を苦しめるのです。そのように考えると、「正語」を実践するうえで大事なのは、何をどう話すかというよりも、正直に生きる誠実さを忘れないことなのかもしれません。

     

     言葉の内容ではなく、対話する相手と向き合う姿勢ということで思い起こすのは、ノーベル平和賞の選考委員も務められた、ノルウェー国教会オスロ名誉司教のグナール・スタルセット師(第三十回庭野平和賞受賞者)です。

     

     スタルセット師は、国際会議の席で意見が分かれるようなときでも、その場をじつにうまくまとめていかれます。とはいえ、師が饒舌なのではありません。むしろ、寡黙なかたです。さまざまな声にじっくりと耳を傾け、求められれば穏やかに見解を述べつつ、最後に「では、このようにしてはどうでしょうか」と、みなさんに諮るのです。

     

     立場の違う人が集まる席では、議論が紛糾することもあります。そこに調和をもたらすのは、人の意見をよく聞いて思いを酌みとる姿勢と、自我を抑えた公平な態度から発せられる言葉だということでしょう。師の示すこの姿勢には「正語」の意味あいの核心が示されていると思うのです。

     

    か な し み を 抱 い て

     

     日本語で、漢字の「愛」は「かなし」といいます。愛する、慈しむということは、悲しむということであります。母親がわが子を愛おしむ心、といえばわかりやすいかもしれません。「正語」、すなわち「正しく語る」ということのなかには、そうした慈しみ、悲しむ心と、相手の幸せを念ずる情が籠められているのではないでしょうか。

     

    「愛語は愛心よりおこる、愛心は慈心を種子とせり」とは道元禅師の言葉ですが、スタルセット師の言葉には、宗教者に共通する慈愛の念が籠められており、だからこそだれにも受け入れられるのだと思います。そういえば、良寛さんが放蕩三昧の甥を改心させたのは、説諭の言葉でも叱責でもなく、甥を思って流したひと筋の涙でした。慈愛に満ちた沈黙によって伝わる「正語」もあるということです。

     

     私たちの幸せをだれよりも念じてくださる両親やご先祖の愛心を、まもなく開花を迎える清らかな蓮華を愛でながら、この盂蘭盆会の時期にあらためてかみしめるのもいいのではないでしょうか。

     

     


    平成30年7月 大阪教会主要行事

    0

      7月の大阪教会主要行事

       

      1日(日)9:00〜 朔日参り 布薩の日(夜間ご命日:なし)

                 誕生日祝・辞令交付並びに修了証授与

       

      4日(水)9:00〜 開祖さまご命日

                 ミニ説法・「開祖さまに倣いて」拝読

      10日(火)9:00〜 脇祖さまご命日 

                              報告会(ラポールの会)

       

      15日(日)9:00〜 釈迦牟尼仏ご命日 【盂蘭盆会】

       

      21日(土)9:00〜 一斉布教デー

       

      23日(月)      天神祭「万燈行進」奉納

       

      ※家庭修養日:6日(金)・16日(月)・26日(木)

       館内整備日:2日(月)・11日(水)・17(火)


      平成30年 盂蘭盆会

      0

        盂蘭盆会

         

        〇日時:7月15日(日)

            9:00〜12:00

         

        〇場所:大阪教会2階法座席

         

        〇式典内容:献花・瞑想・読経供養(経典一巻・三部経16番)・回向文奏上・導師焼香・体験説法(守口支部)・講話(松本教会長)

         

         盂蘭盆会とは、ご先祖さまをお迎えし供養する法要で、一般にはお盆といわれます。

         

         盂蘭盆とは古代インドの言葉「ウランバナ」の音写語で「逆さに吊るされた状態」という意味です。その由来は『盂蘭盆経』によります。お釈迦さまの弟子の目連が、餓鬼道に落ちて苦しむ亡き母のことを知り、お釈迦さまに母を救う方法を尋ねました。すると、七月十五日に修行を終える大勢の僧侶に飲食を差し上げ祈願してもらうことを教えられ、供養してもらうと母親は救われたといいます。先祖に感謝し供養を捧げる行事が盂蘭盆会です。


        藤井寺支部地域別大会

        0

          教団創立80周年記念 

           

          地域別大会 藤井寺支部

           

          テーマ

          「Let`s Begin

             〜愛あふれる仲間たち!〜」

           

          〇平成30年4月20(日)

                13時〜15時30分

          〇松原市文化会館

          〇参加者数:372人

           

          <式次第>   

          司会:吉田支部学生副部長

             末吉支部女子部長

           

          オープニング:「会歌 教え仰げば」

                  2名によるロックバージョン演奏

          第一部

          あいさつ:大阪教会 松本教会長

          来賓挨拶:市長

          体験説法:松本支部男子部長

          ご講話:酒井元教団理事長

           

          第二部

          落 語:古印亭 勝丸

          ユニセフ募金の話:寄教会青年部長

          大合唱:青年五部有志

          謝 辞:橋本支部長

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ※橋本支部長のコメント

           多くの方々の支えで1支部だけで地域別大会を開催することができました。酒井元教団理事長さんの講話を聞いていただきたい、空気にふれていただきたいという願いのもと、支部一丸となって布教伝道に邁進しました。テーマにあるように、ひとり一人が“発”の心が芽生え、持っているものが精一杯発揮することができました。これも礎を築いてくださった先輩会員さんのお陰様と感謝いたします。地域の人たちとのつながりをさらに弘め、平和な地域になるよう精進させていただきます。









           


          八尾東・八尾南支部地域別大会

          0

            教団創立80周年記念 

             

            地域別大会 八尾東支部・八尾南支部

             

            テーマ“ひとり一人が宝物”

                    八尾のまちに法の花を咲かせよう

             

            〇平成30年5月20日(日)10時〜12時

            〇大黒殿

            〇参加者数:397人

             

            <式次第>   司会:野田支部青年部長

             

            第一部

            あいさつ:大阪教会 松本教会長

            来賓挨拶:市長・議員関係3名

            体験説法:青木婦人会員

            ご講話:酒井元教団理事長

            一食を捧げる運動について:青年五部有志

             

            第二部

            吹奏楽:河内ウインドオーケストラ

            謝辞:岡部八尾南支部長

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


             


             

            ※岡部支部長のコメント

             大会のテーマのもとひとり一人が勇気をもって、自分の境界を越え主体的に取り組み、地域の方々との多くのご縁をつなぎ喜びを共にすることができました。大会当日は信仰の悦びと、吹奏楽の躍動感で、会場内に一体感がうまれました。この地域別大会のご縁でつながった方々との、絆をさらに深めてまいります。







             


            平成30年6月 松本教会長のことば

            0

               

              松本教会長のことば

               

               日ごとに暑さが増して、街を歩く方の装いもノーネクタイや軽装の方が増え、夏に向けての準備の様子が伺えます。12月を1年の始まりとしている佼成会では先月で上半期を終え、今月から下半期に入ります。創立80周年という意義ある年の残り半年を、会長先生から頂戴したご法話をしっかりとかみしめ、改めてスタートを切りたいと思います。

               

               さて、今月6月は会長先生より「踏みとどまる」についてご法話をいただきました。4月のご法話は「円満な人になる」というテーマで、人間の本質は仏性であり、人格円満であるということをお示しくださいました。そして、5月は「楽しく生きる」と教えていただきました。円満な人になれば楽しく生きることができるということでもありましょう。そして、そのための具体的なあり方として「八正道」の「正見」でものを見ることをお示しくださり、すべてを仏さまのはからいと素直に見て、感謝で受けとめていく生き方が、仏さまの教えに則って生きる基本であると教えていただきました。今月は「八正道」の二番目にあたる「正思」に焦点を当て、仏さまのような大きな心で感謝の人生を歩んでいく秘訣をお示し下さっています。

               

               「正思」とはと考えたときに、会長先生は「まず、ひと呼吸」「思いやりの心で」とお示しくださいました。「二念を継がない」ことが大切と教えて頂きますが、自分にとってなにか不都合と思えることが起こり、怒りや欲、自己中心の考えに流されそうになったとき、ひと呼吸おくことで二念を継がずに一念でとどめることができるのではないでしょうか。さらには人間の本質は仏性であると教えていただきますが、少しでも仏性が意識され“開顕”していれば、つまり、仏さま(本仏)を観、実感することができれば、すべてを「はからい」と受けとめることができ、怒りの心を出さずにすむのだと思います。

               

               会長先生は創立70周年の年に、全家庭に御本尊勧請のお手配を下さいました。そのお心のさらに奥には、全会員の「心に御本尊を勧請」していただきたいとの願いがおありになると受けとめ、お伝えして参りました。大阪教会では、御本尊像の修元をさせていただいた際の木片をお守り袋に入れ、みなさんのお手元へお届けしているのも、いつもお傍に仏さまがいてくださり、守り、育ててくださっていることを実感していただきたいからです。その「御本尊結縁お守り」はまさに、懐中仏であり、念持仏であり、随身の仏さまなのです。いつでも、どこであろうと仏さまを念じ、観ずる心を育てていくことが私たちの信仰にとって一番大切であり、心に御本尊を勧請していくことです。そして、それこそ「正思」=「仏さまのような大きな心で考える」を育て成就させる具体的な信仰のあり方なのです。

               

               さらに、会長先生は積極的な「正思」として『「思いやりの心で考える」習慣を身につけることが大切』と教えて下さっています。そのための具体的な行がお導き、手取りの菩薩行です。私たち会員は「ご供養」を通してその日の自分の心を振り返り、「ひと呼吸おく」ことができます。また、深い呼吸にも導いてくださいます。「法座」を通しても、人さまの話を真剣に聞いたり、また、自分の話もじっくり聞いていただくことは「ひと呼吸おく」ことに通じます。「導き・手取り」は前述のように思いやりの心を育てる行です。「ご法の習学」は、仏さまのような大きな考え方を学び身につける場であり行といえましょう。既にお気づきのように、これらは本会の基本信行です。

               

               基本信行は仏教徒としての「型」を身につけるための行と教えていただいておりますが、それは「正思」の型を身につける、さらには、「八正道」の型を身につけるための行ともいえましょう。私たちも基本信行を通して「」を身につけ、円満で楽しい人生、幸せな人生を送りたいものです。

               

               今年の後半のスタートの時です。上半期に頂いた功徳をかみしめつつご法話を胸に、感謝の人生を歩めるよう、お互いさま、さらに精進させて頂きましょう。 合掌


              大阪教会雅楽会 お知らせ

              0

                大阪教会雅楽会

                 


                世界無形文化遺産に登録されている 

                悠久の調べ雅楽を始めませんか! 

                むずかしくはありませんよ 

                どなたでも参加出来ます お待ちしております。

                 

                〇雅楽練習日程

                 

                6月3日(日)10〜15時

                6月9日(土)10〜15時

                6月10日(日)13〜15時

                6月24日(日)10〜15時 

                 

                ※問い合わせ先:徳田

                 


                平成30年6月 会長先生法話

                0

                  ※6月1日朔日参り(布薩の日)式典にて大阪教会松本教会長より教団月刊誌「佼成」6月号『会長法話』から今月の信仰生活の指針を頂きます。

                   

                  会長法話    

                   

                  踏みとどまる      庭野日鑛 立正佼成会会長

                   

                  ま ず、ひ と 呼 吸

                   

                   現存する経典のなかで最も古いものの一つとされる法句経に、「走る車をおさえるように、むらむらと起る怒りをおさえる人――かれをわれは<御者>とよぶ」(中村元訳/岩波文庫)という一節があります。

                   

                  ここで釈尊は、怒りをコントロールすることの大切さをお諭しくださっています。しかし、そう教えられても心にブレーキをかけるのは難しく、それは何も怒りの衝動だけに限りません。いわなくていいことを口にしたり、誘惑に負けて買わなくていいものを買ったり道を踏みはずしたり、そのことがもとで人と争ったりする私たちなのです。

                   

                  では、怒りや欲、自己中心の考えに流されそうになったとき、どうすれば踏みとどまることができるでしょうか。

                   

                  私は、とりあえず「ひと呼吸おく」ことをおすすめします。一度、深呼吸をするだけで少し心が鎮まります。できれば、ひと晩おいて冷静に考えるのも大切なことでしょう。

                   

                  また、信仰をもつ人であれば、心に貪・瞋・痴の黒い雲がわきかけたら、「仏さまはどうお考えになるだろう」「どうなさるだろう」と思いをめぐらせば、冷静さをとり戻せると思います。なかには、神仏のような姿の見えない存在ではなく、「親父ならどうするだろう」「母なら・・・」と、直接ご縁のあった身近なお手本を思い浮かべ、怒りや欲やわがままな気持ちを落ち着かせる人もいることでしょう。「八正道」の二つめにあげられる「正思」は、「貪・瞋・痴を離れ、仏さまのような大きな心で考える」ということです。それを生活に即していえば、感情や衝動に駆られそうになったら、まず「ひと呼吸」入れて踏みとどまる、というところに、実践の入り口があるのではないでしょうか。

                   

                  思 い や り の 心 で

                   

                   貪欲(欲ばり)、瞋恚(怒り)、愚痴(自己中心の愚かさ)という「意の三悪」をなくし、大きな心で考える—――その大切さは、みなさんも理解していると思います。ただ、それゆえ「そういう人になりましょう」「欲のとらわれから離れましょう」などといわれればいわれるほど、「いつまでも自分が、欲や怒りや自己中心の心から離れられないダメな人間に思えてしまう」という、諦めにも似た嘆きを聞いたこともあります。そこで、少し見方を変えて「正思」の内容を吟味し、理解を深めてみてはどうでしょう。

                   

                  欲ばる心、怒りの心、他を蔑ろにする心のないのが「正思=正しく考える」ということですが、それは「分けあう心」「あたたかく接する心」「いたわる心」で考える、と言い換えることができます。そして、それをひとことでいえば「思いやり」にほかなりません。つまり、ここでいう「正しく」とは、「思いやりの心で」ということになります。

                   

                  完璧な人間はいません。ですから、ときには欲ばったり怒ったりする心を抱えながらも、「思いやりの心で考える」習慣を身につけることが大切だということです。 

                   

                  そうすると、だれでも仏さまのような大きな心で考え、行動できます。しかし、先の「踏みとどまる」にしても、「思いやりの心で」ということにしても、人生にはそれがほんとうに難しい局面が一再ならず訪れるものです。

                   

                  以前、「黙して太陽の如く、清風の如く、柱の如く、石の如く」という言葉をご紹介しました。人とのトラブルなどで激しい感情にふり回されそうなときほど、この言葉のように静かに大自然のありようを想い、心の枠を広げてみましょう。天地自然と私たちが一つであるように、目の前の人とも一つなのだ―――そうした気づきによって、私たちは自らの心の<御者>になれます。仏さまのような大きな心で、感謝の人生を歩むことができるのです。

                   


                  平成30年6月 大阪教会主要行事

                  0

                    6月の教会主要行事

                     

                    1日(金)9:00〜 朔日参り 布薩の日 

                                         (夜間担当:壮年部)

                     

                    4日(月)9:00〜 開祖さまご命日・ミニ説法

                     

                    10日(日)9:00〜 脇祖さまご命日 

                                             報告会(教育者)

                     

                    15日(金)9:00〜 釈迦牟尼仏ご命日

                                普賢菩薩勧発品第28拝読

                     

                    30日(土)10:00〜 地域別大会

                               (地震による会場検査のため延期) 

                     

                    ※家庭修養日:6日(水)・16日(土)・26日(火)

                     館内整備日:2日(土)・7日(木)・17日(日)


                    平成30年5月 松本教会長のことば

                    0

                       街の木々が青々と茂り、少し汗ばむほどの季節となってまいりました。4月から進学や就職といった新しい生活をはじめられた方は、徐々に新しい環境に慣れ始めてきた頃でしょうか。また今月から気を引き締め、新たなスタートを切っていきましょう。

                       

                       皆さんもすでにご承知のように、今年本会は創立80周年の節目を迎えました。その意義ある年に大阪教会では9会場で「創立80周年記念地域別大会」を開催いたします。この主旨は2つあります。1つは本会が80周年を迎えることができたのは、会員さんのご精進はもちろんですが、ご家族の支えがあればこそであり、地域の皆さまのご理解とご協力のおかげさまです。そのすべての方々に感謝と御礼をお伝えしたいということ。そして開祖さまが本会を創立されたのは決して会員だけが幸せになればいいとか、ただ会員が増えればいいといった小さな願いではありません。すべての人が幸せになれるように、地域の人々が信頼で結ばれ、明るく豊かな社会になるように、さらには、世界が平和になるようにとの誓願・大志をもって創立されたのです。80周年を迎え、今一度原点に返り、地域の人々と手を携えて人の幸せ、明るい地域・社会、世界の平和に向けて努力していく機縁としようということが2つ目の主旨です。

                       

                       先月4月は、21日にルミエールホール(守口・門真支部)、22日に平野区民ホール(平野・城南支部)の2会場で開催され、いよいよスタートしました。おかげさまで両会場とも沢山のご来賓や招待者の方々、会員さんが集い、盛大に行われました。酒井元理事長さんのありがたいご講話をはじめ、各支部が趣向を凝らし、笑福亭鉄瓶さんの落語や、バイオリンのコンサートなどもあり、とても内容が濃い、充実したものになりました。

                       

                       各地域で、そして支部主体でこれだけのレベルの大会が実施できるのは、さすが大阪教会です。皆さまの地域でもこれからとてもすばらしい大会が予定されておりますので、楽しみにしてください。

                       

                       さて、今月は会長先生から「楽しく生きる」をテーマにご法話を頂戴しました。誰もが人生を楽しく生きたいと願っていると思います。そのように生きるためには具体的に何が必要なのかを、会長先生は「八正道」の「正見」でものを見ることだとお示しくださいました。そして「正見」には2つの見方があると教えていただきます。1つは天地自然のはたらきを素直に見て、それをありのまま受けとめるということです。すべての現象や出会いの中に仏さまの慈悲のはたらき、はからいを見ていくことが「素直」「ありのまま」ということです。そして、自分にとって何か不都合なことがあったときに、すぐ言い訳の材料をさがしてしまう私たちですが、そうではなくその中に「だからありがたい」ということを見つけていく。その感謝の見方が2つ目です。人生の中には困難や苦悩がたくさんありますが、その現象の中に仏さまの慈悲のはたらきを見つけ「ありがたい」と感謝で見ていく。会長先生は、その見方が「正見」であり、仏さまの教えに則って生きる基本なのだと教えて下さっているのです。

                       

                       お互いさますべてを仏さまのはからいと見て、感謝で受けとめていく生き方を心掛け、楽しく、ありがたい充実した人生を送らせて頂けるよう、布教伝道に邁進してまいりましょう。 合掌

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:125 最後に更新した日:2018/08/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM