令和2年 東教会長のことば(6月25日号)

0

    6月25日号

     

    大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

     

     7月・8月の予定をご覧いただけましたでしょうか。感染拡大に細心の注意を払って、教会をゆっくり再開して参ります。お楽しみにお待ちください。

     

     また、7月から、大聖堂ご命日式典の模様がインターネットでライブ中継されることになりました。光弔気泙監鎧佞里感〕棔△気蕕砲話をご自宅で味わっていただきたいと思います。「ライブ中継のご案内」を是非ご覧ください。

     

     さて、今月は「怠け心に負けない」とご法話をいただいて、ご一緒に精進して参りました。世界では感染が加速、日本では第二波が予測されています。withコロナとも言われる時代に、信仰者としてどうあればよいのかを、しっかり確認することが大切だと感じました。

     

     今から34年前、チェルノブイリで原発事故が起こり、世界中がパニックになりました。私が本部職員になりたての頃で、誰もがこの先どうなるのか、生きていけるのか…と思ったのです。この時、開祖さまの言葉が揺れる心をピタリと止めて下さいました。光弔気泙里潅書「開祖さまに倣いて」に、その言葉が紹介されています。「何も心配することはない。私たちは、ただひたすら、仏道精進をしていけばいいんだよ。仏道修行あるのみだよ」(同書p72)と励ましてくださったのです。

     

     私などはつい物事の表面にとらわれ、目の前に起こる現象にふり回されてしまいます。しかし、開祖さまの<常精進を>という励ましは、光弔気泙著書でかみしめて下さっていますが、「すべての出来事は、自分本来の仏性を輝かせるために必要で、(中略)有り難い『縁』ばかりなのです」(同書p74)と、まさしく信仰者のものの見方を教えてくださっていると思います。

     

     いま、会長先生も「迷いをふり払い、安らかな心で」常精進だよと励まして下さっています。そのように行動すれば「人の役に立ちたいと願いが湧いてきて、精進の一つ一つが喜びや楽しみに変わる」のです。それが、自らの仏性を輝かせる信仰人としての生き方だと確信しました。どうぞ、そのような生き方をめざして、ご一緒に精進して参りたいと思います。

     

     今月も一カ月、誠にありがとうございました。  合掌

     

    ※次回7月1日は、「佼成」7月号の『ご法話』を全文掲載してご紹介します。是非、インターネットのライブ中継もお楽しください。

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:304 最後に更新した日:2020/07/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM