令和2年 東教会長のことば(6月5日号)

0

    65日号

     

    大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

     

     新型コロナの感染拡大を避けるために、全教会を閉鎖して1カ月以上が経ちました。今月15日に教団として解除する前に、國富理事長がご挨拶されました。教団サイトで是非ご覧下さい。(リンクを表記、⇒大聖堂ご命日導師挨拶⇒6月1

     

     気がつくと早や6月。一年の折り返し時期を迎えます。

    この半年間、誰しも生老病死という“四苦”を考えない日はなかったと思います。今後は“withコロナ”を念頭に、注意を払いながら元気に暮らしていくという気持ちが大切です。

     

     「佼成」6月号のご法話が、そんな私たちを後押し下さっています。題名は『怠け心に負けない』です。最初、勝手に「コロナに負けるな」と読んでしまいました。ところが一行一行に触れていきますと、むしろこれから積極的に生きていくための応援歌だとわかり、雀躍したくなりました。

     

     四苦が示す通り、私たちは“苦を苦にして”、苦労な人生を送りがちです。そうならぬようにと、お釈迦さまは「迷いをふり払い、安らかな心で、みずから楽(ねが)って、喜びのうちに精進できるように」と、精魂込めて教えを説いて下さいました。その教えを私たちは既に手にしています。あとは、どんな人間になりたいかです。

     

     ご法話は、“どんな人間になりたくて信仰していますか”“なにを目標に精進をしていますか”―と親身にお話し下さっているのではないかと感じたのです。

     

     では、この“どんな”“なにを”があきらかになっていますでしょうか?  実は、それをあきらかにしてくれるのが、“苦を苦にして”悩んでいる人に、教えを伝えようと心を砕くことです―とも説いて下さっています。

     

     “withコロナ”の生活は人間を変えると言われています。如説修行(仏さまの説かれた通りに精進する)を怠らず、さらに生きがいある人生を元気に送って参りたいと思います。

     

    “どんな”“なにを”を求めて、

     一カ月をご一緒に精進して参りましょう。     合掌

     

    ※次回は615日に更新致します



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:304 最後に更新した日:2020/07/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM