令和二年 東教会長のことば(4月15日号)

0

    令和二年 東教会長のことば(4月15日号)

     

    大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

     

     緊急事態宣言が出て一週間が経ち、外出を控える生活が続いています。不安やストレスをためないような“おうち時間”の工夫がネットにも溢れています。

    そんな中、ニュースを見て、胸熱くなりました。

     

     10日金曜日正午、感染のリスクと背中合わせで治療や感染防止に休むことなく働く医療・介護関係者に、“感謝の拍手”を送る人々の姿を見たからでした。“Friday Ovation”と名付けられる運動ですが、参加した人々は「いま何をすべきか」を自覚したと言います。

     

    https://www.city.fukuoka.lg.jp/shicho/kikaku/shisei/fridayovation.html

     

     私たちの行動も同じです。平安を祈るご供養に合わせて“祈りの言葉”を声に出して読んでみましょう。自分の言葉のように読み上げてみると、どんな気持ちになられますか。

     

    私たちの国が恐れに支配されている時、

     

    暗闇の中で光る燈(ともしび)のように、

     

    明るい笑顔でいることができますように。

     

    自分の心が不安に占領されそうな時にこそ、

     

    あたたかい言葉がかけられる私でありますように。

     

     私も身体の奥の方で、何か動きだすものを感じました。

     

     あるお父さんは、さっそく「佼成新聞デジタル」から“祈りの言葉”を印刷、配布下さいました。なかには、苦難の中で孤独を感じる人を助けたいという方もおられます。皆さんと時間を決めて読みたいわぁと地区でポスティング下さった主任さん。じっとしておられませんとお友達に一緒にやろうと、若いママさんがLINEで声をかけて下さいました。お母さんが、家族揃ってやってみようかしらと話して下さいました。

     

     平和な時には気づきませんが、私たちは色々なものに守ってもらって生きています。医療でも福祉でも、学校でも…。しかし、いま、自分や家族を守ることすらままならない瀬戸際。自分と同じかそれ以上に、人を守らなくてはならない。“自分”や“自国”という垣根を超えた見方や考え方も求められてきます。本当に他の人への慈しみと変化する環境を受け容れる柔らかい心を持ち合わせなくてはならないのです。

     

     でも大丈夫です。私たちは、そういう修行をしてきました。そして、このまま実践すればいいよと「佼成」4月号のご法話で「偏った見方から大きな見方へと心を切り替える」スイッチを教わり、「信仰をもつ世界の友人とともに」祈るという行動を教わりました。

     

    その通りに、迷わずに、習って歩んでいきましょう。 合 掌

     

    ※上記アンダーラインの「佼成」4月号のご法話は、大阪教会公式ホームページ上にリンク出来ます。

    「信仰をもつ世界の友人とともに」祈るは、佼成新聞デジタル上にリンク出来ます。

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:295 最後に更新した日:2020/05/25

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM