令和元年12月 会長先生法話

0

    令和元年12月 会長法話    

     

    弁 を 尽 く す   

      

         庭野日鑛 立正佼成会会長

     

    言 葉 の 力

     

     聖書の「ヨハネによる福音書」は、「初めに言があった」という有名な言葉で始まっています。確かに、言葉を使うことによって、私たち人間の心は成長・進化してきたといえるのではないでしょうか。

     

     人間が生まれもって授かった心、すなわち「人」としての素朴な感情や意思を、言葉を使ってまわりの人に伝え、コミュニケーションを繰り返すなかで「人間らしい心」が育ってきたということです。

     

     言葉の力はそれくらい大きいわけですが、その一方で、詩人の寺山修司氏は「現代人が失いかけているのは『話しあい』などではなくて、むしろ『黙りあい』だ」と指摘しています。言葉の発達に心の成長が追いつかないのか、あるいは心が退化しているのか、言葉が人を傷つける道具として使われることも多いのです。言葉の力が大きいだけに、多くを語ることよりも、いまは沈黙のうちに自らを省みることのほうが重要なのかもしれません。

     

     では、人とよりよい関係を築くために、私たちは何をどのように話し、伝えることが大切なのでしょうか。

     

    富 楼 那 に 学 ぶ

     

     法華経の「五百弟子受記品」に、説法第一といわれた富楼那に対して、釈尊が「能く其の言論の弁を尽くすものなけん」(富楼那ほど言葉の力を最大限に駆使し、発揮できるものはいない)と称える一節があります。「この人に幸せになってもらいたい」という一心で教えを伝えた富楼那の言葉は、よほど強く人びとの心に響いたのでしょう。

     

     とはいえ、その伝え方はといえば、経典によると「人びとの心に喜びを与え」「対話する相手一人ひとりの受けとめ方をよく理解し」「大切なことをだれにもわかるように」など、人にまねのできないようなことではなさそうです。

     

    「言論の弁を尽くす」というのは、知識や才能にすぐれた人が、立て板に水のごとく話すことではないのでしょう。

     

     それよりも大事なのは、相手の顔が自然とほころぶような柔和な態度で、思いやりをもって言葉を交わすことです。そうすれば、おのずから話しかける言葉もやさしくなって受け入れやすいものとなり、それが相手の心に届くということではないでしょうか。相手を思う気持ちがあれば、目の前の人の心情はもちろん、生活環境などにも配慮してふれあうでしょうから、そのときに伝える言葉は、富楼那に負けないくらいの力を発揮するのだと思います。

     

     ただ、私たちにとってハードルが高いと感じるのが、「大切なことをだれにもわかるように」伝えるという部分です。

     

     作家の井上ひさし氏は、言葉の使い方について「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく」と述べていますが、釈尊の時代から現代に至るまで、人にものごとを伝える基本はあまり変わらないのかもしれません。

     

     しかし、そうとわかったからといって、仏の教えを伝える布教伝道において「大切なことをだれにもわかるように、やさしく」語ることは、やはり難しく思えます。

     

     そこで、これも作文の書き方に関する井上氏の言葉ですが、「単純に、わかりやすく」「自分にしか書けないことを、自分の文章で」という二つが参考になります。

     

     私たちは、自身の体験であれば自分の言葉で語ることができます。味わった感動や気づきならば、素直に話せます。完璧な人はいませんから、教えのなんたるかがよくわからなくても、わからないまま、「ありがたい」「うれしい」という気持ちとともに、自分の理解に応じて話すことが、「大切なことをだれにもわかるように」伝えることなのです。

     

     今年、あなたはどのような感動を味わったでしょうか。そして、どんな「大切なこと」を人にお伝えしますか。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:253 最後に更新した日:2019/12/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM