令和元年9月 松本教会長のことば

0

     9月の松本教会長のことば

     

     朝夕少しずつ涼しくなり、秋の訪れを感じる日も増えてきましたが、皆さまお元気でおすごしでしょうか。気温の変化が大きい時期ですが、お互いさま健康に留意し、秋を迎えてまいりたいものです。

     

     

     さて、9月は脇祖さま報恩会、10月は開祖さま入寂会、11月は開祖さま生誕会と両祖さまへの報恩感謝を深める3ヶ月がはじまります。教えによって救われた喜びを多くの人にお伝えすることで開祖さま、脇祖さまへの感謝を表す「報恩感謝の布教月間」と教えていただいております。

     

     今月は「『違い』があるからこそ」というテーマで会長先生からご法話を頂戴しました。『古今和歌集』に収められている「世の中はかくこそありけり吹く風の 目に見ぬ人も恋しかりけり」(吹きわたる風のように、顔を見たこともない人をも恋しいと思うのが、世の中というものなのですね)という紀貫之の恋歌をご紹介くださり「ある方によると、この歌は、私たちがなかなか気づかない一つの『真実』を歌いあげているというのです。

     

     その『真実』とは、人はみな心の根底において、この世に存在するすべてのものを愛(いと)おしいと感じ、慈(いつく)しんでいる、ということです。」と述べられました。直接的ではないものをも、恋しく思ったり、愛しく思う――それは私たちの本質が仏性であり、すべては仏のいのちの現われであるという一体感があるからこそ、そのように感じるということでありましょう。

     

     しかし、それが「真実」だとしても、現実にはそうとはいえない状況が多々あります。会長先生は「考え方やものの見方の違いが原因で人と言い争ったり、いがみあったり、交流を断ったり、国同士が戦火を交えたり……。残念なことに、宗教間の対立も現実の問題として存在します。多くの人が、他人との違いを受け入れられずに苦しみ、悩み、無益な争いまでしているのです。」とお示しくださいました。

     

     身近なところでいうと、最近特にニュースで多く取り上げられている「あおり運転」でありましょう。車線変更やブレーキを踏むタイミングが自分の感覚と違ったりすることで、その違いを受け入れられずに腹を立て、危険な運転で相手の車を停め、暴力にまで発展するケースも多いようです。挙句には他人を巻き込んで死亡事故まで起こしています。そのような不和は家庭の中にも起き得ることで、家族であっても意見の食い違いや主張がぶつかり合い、ケンカに発展することもあるのではないでしょうか。本来、私たちには他者を慈しみ、愛おしく思う心がありますが、現実には他の価値観を受け入れられずにいがみあったり、争いを起こしているのです。

     

     そうした中で、私たちが身近でできることとして、会長先生は「他者との違いを違いとして認めて受け入れることですが、それにはまず、『私の胸の内にも、この世のすべてのものを愛おしく感じ、慈しむ心がある』と自覚することです。すると、人と自分に違いがあることの尊さも見えてくるはずです。」と教えてくださっています。

     

     では、自覚をするにはどうしたらよいのでしょうか。私たちは一人ひとりが異なる因と縁によって存在しています。例えば、双子として同じ親から生まれ、同じ教育を受けて育ってきたとしても、出会う縁は違っているはずです。違う環境で育てば考え方やものの見方が違うのも当たり前なのです。会長先生は「違いを理由に対立したり、排除したりするのは、自分の個性を否定することと同じです。」と述べられています。

     

     自分から見て他の人は違います。同じように他の人から私を見たら違うのです。つまり、因と縁の出会いによって育まれてきたその人の個性を否定するということは、そのまま自分の個性を否定することになるということです。それは宗教も同じで、世の中には色々な人がいて、たくさんの個性があるのですから、色々な宗教や教えがあるのは当たり前なのです。会長先生は「この地球に生きるすべての人に安心を与えるため、宗教・宗派のそれぞれが個性を発揮しつつ、お互いに補い合っているともいえます。」と述べられ、続けて「宗教をそのように見ると、人を安心に導くという慈愛の一点において、宗教は一つに結ばれていることがわかります。

     

     そして、宗教によるその慈愛のはたらきかけによって、私たち自身も、心の底に具(そな)わる『他を愛おしみ、慈しむ心』を掘り起こされ、それを実践せずにはいられなくなる――仏教でいえば、それが菩薩の生き方です。」とお示しくださいました。ここに本会の「一乗の教え」があらゆる宗教の違いを越え、互いを認め合い、協力し合って大調和の世界を教えるものであることの核心を説かれます。そして、自分の内にある慈愛の心を自覚するには、宗教によるそのはたらきかけ、即ち菩薩行実践にあると明らかにされるのです。

     

     最後に会長先生は「法華経の『薬草諭品』に『如来の説法は一相一味なり』とありますが、宗教に共通する目的と、私たち一人ひとりの胸底(むなそこ)に宿る心を考えあわせると、この宇宙船地球号の乗組員はみな、安らぎと幸せを得ることを約束されているという意味で、『宇宙の真理は一相一味』ともいえます。私たちには、それを現実の世界で証明するお役があるのです。」と結ばれました。

     

     宗教の「慈愛によって安心に導く」という目的、即ち「本仏の願い」と私たちの胸底に宿る「この世のすべてのものを愛おしく思い、慈しむ心」即ち「仏性のはたらき」を考えあわせると、私たちは救われるようになっているということです。「それを現実の世界で証明するお役」とは、多くの人に教えをお伝えし、安らぎと幸せを得ていただくように、お導きをさせていただくことです。

     

     9月10日は脇祖さまの報恩会です。慈愛の道を歩まれた脇祖さまに倣って実践をし、また、今月からはじまる報恩感謝の布教月間を通して、お互いさま精進してまいりましょう。

    合掌



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:232 最後に更新した日:2019/10/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM