平成29年5月 会長先生法話

0

    *5月1日:朔日参り(布薩の日)式典に於いて大阪教会松本教会長から教団月刊誌5月号「佼成」会長法話より今月の信仰生活の指針をいただきます。

    5月佼成 会長法話

    「させていただく」

    庭野日鑛 立正佼成会会長

    無限のつながりのなかで

    今月のテーマである「させていただく」について、仏教の篤信者として知られる工学博士の森政弘先生が、つぎのようにおっしゃっています。「仏教では『させていただく』という受け止め方をするが、それは、なにごとも自分の力だけではできないからである」(『今を生きていく力「六波羅蜜」』教育評論社刊)たとえば、自分の力で立っていると思っている人も、「じつは大地の支えや重力があるからであって、何をするにしてもただ一つの原因とか、自分だけの力によるのではなく、他の力などによって可能なのである」というのです。曹洞宗の青山俊董師は、そのことを「この世界の一切のことは、どんな小さなことも漏れることなくぶっつづきに、あいかかわりあって存在する」(『泥があるから、花は咲く』幻冬舎刊)とわかりやすく説かれています。ものごとはすべて、かかわる縁の作用で生じたり滅したりする一一すなわち縁起ということです。このような宗教的な世界観から生まれた表現が、「させていただく」なのです。その意味でこの言葉には、本来、私たちを常に「生かそう」とはたらいてくださる大いなるものに対する、感謝の念が含まれているといえます。「おかげさまでさせていただくことができます」という気持ちです。また、「させていただく」は、自分の行いを謙虚に表現する場合にも使います。ところがそのとき、口にする側と聞く側に、気持ちのずれが生じることもあるようです。「表面的にはていねいだが、思いあがった物言いに聞こえる」とか「謙虚なようで自己をアピールしている」など、いわゆる慇懃無礼な態度と受けとめられることもあるのです。もし、そのような誤解が生まれるのなら、より主体的に「させてもらいます」と伝えるほうがいい場合もあるように思いますが、佼成会ではよく使われる表現だけに、「あらゆるもののおかげさまで」という気持ちから、自然に「させていただく」といえる私たちでありたいものです。

    仏さまへの感謝

    私たちは、ふだん何気なく「させていただきます」と口にします。それは、先ほどお話ししたように、「おかげさまでとりくむことができます」「させていただけることがありがたい」という気持ちのあらわれです。ところが、この「おかげさま」や「ありがたい」を忘れてしまうと、「している」とか「してやる」といった自我が顔をだします。そこで、たとえば「させていただく」の前後に「おかげさまで」や「ありがたい」を添えると、それがそのまま素直な気持ちになります。ものごとは形がとても大事であるといわれますから、繰り返し、「おかげさまで、させていただけることがありがたい」と口にしていれば、縁起の教えがしっかりと胸に刻まれ、いつでも心からそういえるようになるのではないでしょうか。理想をいうと、そうなれば「させていただく」その感謝の実践は、仏、菩薩の遊戯三昧のような、とらわれのないうれしさ、楽しさにつながりそうです。ただ、心から「させていただきます」といい、神仏への感謝の念をもってとりくんでいることでも、それが必ずしも喜びや楽しさに直結しないケースもあるでしょう。介護やボランティアの現場では、複雑な思いでとりくむことも少なくないと聞きます。ですから、そのなかで「つらい」「いやだ」と弱音や愚痴を吐きたくなるときがあるのも自然なことです。だからこそ、信仰をもつ私たちは、日ごろの生活のなかで仏さまへの帰依の念を養い、「大いなるものに生かされている自分なのだ」という自覚と感謝に目ざめることが大事なのだと思います。 以上

     

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:9 最後に更新した日:2017/05/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM