令和二年 東教会長のことば(7月05日号)

0

    75日号

     

    大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

     

     昨年、佼成出版社から発刊された『ゆったり、のんびり、ほどほどに』が、“焦りと不安が掻き立てられるコロナの時代”に読まれているそうです。著者は大阪市生まれで、高名な宗教評論家“ひろさちや”さん。<過去を追うな><未来を求めるな><今を大事に生きよ>と話される言葉に、仏教のもつ大らかさ、真理からの言葉が胸に響きます。

     

    “ひろ”先生の講演会だったと思います。問題を解決しようとして失敗する人が<馬鹿>で、<阿保>はあえて問題を解決しようとしない。問題を抱えたまま楽しく生きようとする。そして知らないうちに解決している…これが仏教と聞いて、関西育ちの私はクスッと笑いました。美味しい食べ物を食べるのではない、美味しく食べるのである…これが仏教と聞いて、深く頷きました。大事な智慧を頂戴したような“徳”な気分にもなりました。

     

     今月は佼成7月号で「いま、自分にできることを」とご指導いただいています。「みなさんはいま、仏道を歩む菩薩として何を願い、何を誓って、一日一日をすごしているでしょうか」という呼びかけに感動しました。先月も人のお役に立つようにと励ましてくださって、そうすれば私自身が仏性を輝かせる生き方ができると教えていただきました。

     

     ひろ先生の姿や生き方も同じだなぁと思いました。「ひろ(ギリシャ語のフィロ=愛する)さちや(サンスクリット語のサティヤ=真理)」と名を付けられた通り、仏教の説く深淵な真理を、平易で身近な言葉を使って大衆の心を和ます“思いやりの実践”をされています。それは、大阪教会の皆さまも同じです。四カ月の間、春季彼岸会のお戒名をお預かりしました。数万にも及ぶ諸精霊の書かれた用紙を一枚一枚持ちながら、「こんなに濃やかに手をとってくださっている」「ここまでご先祖さまを思って下さっている」「きっと、お戒名を預かるために何度も説得されたんだ」とずしりと深い思いやりを感じるのです。毎日、コツコツと歩かれては相手のご家庭のお幸せを祈念して、お戒名を集められたお姿が浮かんできます。本当に有り難いことだと深く深く感謝を致しました。

     

     さあ、今月もご法話を胸に、<私を待つ人がいる>という思いをもって“急がず息(や)まず”ご一緒に精進して参りましょう。

                                   合掌

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:304 最後に更新した日:2020/07/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM