令和二年 東教会長のことば(7)

1

東教会長のことば(7)

 

大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

 

“精進できる感謝を込めて…”日々ありがとうございます。

 

 お彼岸が明けました。

教えでつながろう”と地区や地域で創意工夫を凝らしてくださって、ひと月が経ちました。お彼岸にはどんな準備をされたでしょうか。

 

 教会では、職員で聖壇にお盛物を捧げて、ご供養をさせていただきました。ご供養の最中、ご先祖さまがたくさんご集合されている気配がしました。初代教会長さんを囲んでワイワイされているようで、きっと皆さまの真心が嬉しくて笑顔満面でお集まりになったのだと感じました。お戒名はしっかりお護りしています。ご安心くださいね。

 

 私たちにとって、お彼岸は“回向供養”の大切な時です。ご先祖の徳をあがめた感謝の気持ちは、自分の未来に大きな功徳をもたらします。感謝の実践によって、悲願である仏さまの世界(彼岸)に渡れるのだと教えていただくからです。尊い一週間ですね。

 

 さて、創立記念月を皆さまと共に過ごして参りました。いかがでしたか?

 

 新型コロナウイルスの世界的な感染にも驚きますが、環境汚染をとっても一地域、一国の問題ではおさまらない地球規模の広がりを実感せざるを得ません。さらに、いまの生き方が子供の世代、さらに子々孫々へと重大な影響を残す時代を生きていきているのだと思います。まさしく“共業共果(ぐうごうぐうか)の時代”です。

 

 こうした時代に、私たちは「先祖を大切にすることは、未来の子孫のことを考えること」など、仏さまの智慧をたくさん学んでいます。いまある感謝を先輩方に申し上げると共に、“私の居る所が即ち道場である”(即是道場)という志をもって、創立の精神を忘れず菩薩行を実践して参りたいと思います。その実践を積み重ねながら、創立100周年に向けて信仰人を育む“道”を歩んで参りたいと思います。

 

 大変なご苦労をおかけした一カ月間でした。誠にありがとうございました。 合掌

 

※次回41日は、現在配送を停止しています「佼成」4月号の『ご法話』を全文掲載してご紹介します。お楽しみに(^^)/



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:282 最後に更新した日:2020/04/01

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM