令和元年10月 松本教会長のことば

0

    10月の松本教会長のことば

     

     朝夕だいぶ涼しい日が増えてまいりましたが、皆さまお元気でおすごしでしょうか。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お互いさま健康に留意してまいりたいものです。

     

     10月4日は開祖さま入寂会があります。教えによって救われた喜びを多くの人にお伝えすることで、師である開祖さまへの感謝を表す「報恩感謝の布教月間」でもあります。

     

     さて、今月は会長先生より「『仏』を供養する」というテーマでご法話を頂戴しました。今年は『法華三部経』の一節一節を通してご指導をくださっていますが、10月は「授記品第六」から学ばせていただきます。

     

     「授記品第六」では四大声聞(摩訶迦葉・大目犍連・須菩提・摩訶迦旃延)に成仏の保証を釈尊から授けられますが、そのための修行として三百万億( さんびゃくまんのく ) の仏を供養し」とか、「八千億 ( はっせんのく ) の仏を供養し奉事 ( ぶじ ) して」などが説かれています。「三百万億」や「八千億」の仏を供養すると聞くと、とても難しく考えてしまいますが、私たちは一日に何人の方と出会っているでしょうか。例えば、20人と会えば一か月で600人と出会っていることになり、1年で7300人と出会っていることになります。出会う人すべてを「仏さま」と拝んでいくと受けとめると、難しく感じないかもしれません。 

     

     では、どうしたら生きている人を「仏さま」と拝んでいけるのでしょうか。会長先生は臨済宗を開いた臨済( ぎ ) ( げん ) 禅師 ( ぜんじ ) の「もし君たちが、仏を外に向かって追い求める心を離れたなら、そのままで仏である。いま、私の目の前でこの説法を聴いている君たちが仏にほかならない」という修行仲間に向けられた言葉をご紹介くださり、「自分は本来、清浄な心をもつ仏なのだと自覚すれば、自分も仏、目の前にいる相手も仏ということで、それは『出会う人はみな、すべて仏』と信じ、受けとめることにほかなりません。」とお示しくださっています。

     

     これこそが完全なる「」の教えであり、「一乗」の教えです。それは、自分と他人とに違いを見ず、究極の一体感を持つということです。この教えは「私が出会う人」に限らず、ニュースで見る事件や紛争なども自分事としてとらえ、自分の中にも争いの種となるような心がある、それが元凶なのではないかと見つめるものです。そう捉えれば、すべては自分と縁のある出来事で、無関係なことではなくなります。そして、「この縁を通して仏さまは何を教えてくださっているのだろうか」と受けとめると、あらゆる出会いから仏さまを観ることができるのです。

     

     では、具体的に「仏を供養する」にはどうしたらよいのかといえば、仏に感謝のまことを捧げる供養の中でいちばん大切なのは、教えを実践することと教えてくださっています。会長先生は「『人の悩み、苦しみが少なくなるように、楽しみが多くなるように』と願って、人を思いやることです。」とお示しくださいました。

     

     つまり、供養の基本は思いやりというということであり、教えを実行し、その体験や経験から得られたものをお伝えしていく布教こそ、最も意義ある実践とご指導くださっているのです。

     

     10月は開祖さま入寂会の月であり、報恩感謝の布教月間でもあります。和の精神をもって世界平和を願い、ふれる縁すべてを仏さまと受けとめ拝んでいく、そして教えをお伝えしていく私たちになれるよう、より一層精進してまいりましょう。合掌



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:232 最後に更新した日:2019/10/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM