平成29年9月 会長先生法話

0

    人に「伝える」ということ

                 庭野日鑛 立正佼成会会長

          「法を伝える意味」

     仏さまの教えを学び、生活のなかで実践していく―--それは、さまざまなことが起こる人生において、たとえ悩んだり、悲しい思いをしたりしても、直面した苦悩を受けとめて乗り越えていく「智慧」を身につけることになります。さらに、学んだ教えを人さまにお伝えすることは、よりよく生きていくうえでの「智慧」や「慈悲」を体得する大事な実践であります。生涯に百数十冊の著書を上梓され、仏教を一般の人にわかりやすく伝えられた臨済宗の松原泰道師は、いわば生粋の説法者といえる方です。その泰道師が、説法の意味を「法は人のためにではなく、自分のために説くのだ」とおっしゃっています。心の師と仰ぐ方から「わしらが坐禅をしたり念仏を唱えたりするのは、人のためではなかろう。みんな自分のためではないのか。お前は自分のために法を説いていることを

    忘れたか」と諭されたのだそうです。法を伝えること、つまり布教伝道は、「一人でも多くの人に真理を知ってもらい、幸せになってもらいたい」と願う法の布施であると同時に、法を伝えることをとおして、自分の心田を耕していく精進にほかならないのです。

     「智慧海の如くならん」

     私たちは、自分がよくわからないことを人に伝えることはできません。また、人にものを伝えるには、それなりの理解が必要です。ところが、私たちの知識や経験の量はほんのわずかです。そうすると、人に何か伝えようとするときに大事になるのは、「自分は何も知らない」という謙虚な姿勢ではないでしょうか。私たちが、読経供養の際に唱える「三帰依文」に、「自ら法に帰依し奉る/当に願わくは衆生と共に/深く経蔵に入って智慧海の如くならん」という一節があります。何も知らない私たちは、ですからいつも「智慧海の如くならん」と願い、誓っているわけですが、つねにその場にふさわしい仏さまの智慧をいただくには、「衆生と共に/深く経蔵に入って」----つまり、相手とのご縁を大切にして、いつ、だれに対しても「学ぶ」姿勢を忘れないことを、この一節から教えられます。「教えよう教えようとすればするほど智慧の泉は涸れ、学ぼう学ぼうとすると、智慧の泉はこんこんと湧いてくる」と聞いたことがあります。伝える内容が何にせよ、教えよう、伝えようという気持ちよりも、相手の声にひたすら耳を傾け、学ぼうとする姿勢のなかから、相手によく理解してもらえる言葉や心くばり、すなわち自他をよりよく生かす智慧が湧いてくるのだと思います。ところで最近、ある高校生の体験説法にふれる機会があったのですが、自分の感動を素直に述べたそのさわやかな語り口からも、「伝える」ということの大事なポイントを学ばせてもらいました。ひとことでいえば、「ありがたい、うれしい、楽しいと感じた純粋な気持ちを、素直に伝えることほど人の心に響くものはない」ということです。それを私たちの日常に当てはめてみると、「ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく」ということになるでしょうか。そこには、つねに感謝を忘れない心の姿勢があり、日々の幸せと喜びがあります。そして、いつも明るいその姿は、「こういう人になりたい」と、まわりの人を感化せずにおかない魅力があります。それは、そのままで布教伝道といえます。考えてみれば、感謝ということは、人間だけができることでしょう。その自覚に立って、ありがたいことをたくさん人さまにお伝えしていきたいと思うのです。合掌

     

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:50 最後に更新した日:2017/09/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM