若手壮年研修会(行楽塾)

0

    青年部と壮年部の中間的位置(35〜49歳目安)を有効に生かし、青少年の育成教化また熟年壮年に学び、共に布教伝道を展開することを目的として立ち上げた。壮年層は人材の宝庫、なぜなら壮年はその職業ゆえにそれぞれの人が特色、特質をもちあわせている。その特質を地域・職場における人材として、またサンガの中のリーダーとして、多くの人の救いを目指している。講師は、花田さん(アパレルメーカー経営:会長職)を中心に月1回程度開催。豊中・泉州教会にも参加を呼びかけている。

    参加者コメント

    Tさん(建築基準適合判定事務所勤務)

    研修会での気づきとして、職場で自分から朝のあいさつを実践しつづけ、社員間のコミュニケーションがスムーズになり、その結果として会社の業績が伸びた。

    Wさん(空調機器販売会社勤務)

    以前から「まわりが気がつかないことを何か実践する」という問題意識をもっていたが、この研修会で自覚を深めることができ。会社の経営が苦しいなか、トイレ等の掃除を続けることで評価され、前向きに仕事に取り組んでいる。

    wakateha.JPG


    1

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:66 最後に更新した日:2017/12/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM