令和2年 東教会長のことば(9月15日号)

0

    東教会長のことば(915日号)

     

    大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

     

     13日に大変嬉しいことがありました。

    大阪天満宮の寺井宮司様がご来道下さり、今年は残念ながら中止となりましたが、「天神祭」への護持と運営に対する皆さまの熱意と敬神の気持ちに対して、感謝状を下さいました。2階・法座席に設置致しますのでご覧下さい。有り難いですね。是非、来年こそは(^^)/という気持ちを強くさせていただきました。

     

     さて、季節は、白露(しらつゆ)―朝の草花に露が宿り始める頃になりました。急な雷雨が訪れたり、見上げた空がいつもより高く感じられたり。季節は少しずつ移っています。もう少しで収穫の秋。自然の豊かなところへ、おいしい秋の味覚を巡りたくなります。この時期に、私たち仏教徒は大切な“お彼岸”をお迎えします。

     

     お彼岸は、ご先祖さまはじめ年神さまに春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝して「生かされている喜びを実感する」ときです。その感謝を込めて、その名の如く彼岸(悟り)に至る精進をお誓いするのです。彼岸会は、比叡山が開創された延暦年間(800年頃)に始まったと言われ、それよりも創建(593年)の古い天王寺の和宗総本山・四天王寺では、秋分の日、極楽門(西門)から真西に沈む太陽を拝むことができます。境内では日想観(じっそうかん)という法要があり、「生かされている喜び」に感謝を込めると伺います。

     

     私たちは自宅で、同じ想いを乗せてお彼岸法要を執り行います。読経の間、過去帳の戒名を奏上され、実り多い人生を生きていることにご先祖さまへ感謝の念を深めたいと思います。ライブ中継も実施しますので、ご覧下さい。よろしくお願い致します。

     

     そして、この感謝と誓願を皮切りに、伝統の<万燈布教>が本格化します。現下のなかでの布教に、開祖さまからの応援が「佼成」9月号に紹介されています。(28頁)みなさんには、人さまの悩みをほぐしてあげるだけの力もあれば、人さまを幸せにしてあげたいという慈悲心もあるのです。人間として持って生まれたそういう特質を発揮していっていただきたいと思います』。そして、こうしてこそ、仏教を信仰し、教えをいただいている者としての“妙境”が味わえるのだと保証下さっています。

     

     ともに菩薩行に邁進しましょう(*^^*)合掌

     

    【秋季彼岸会のご案内】

    9月20日(日)「秋季彼岸会」ライブ配信をご覧になれる方は、以下のアドレスにつなげてご覧ください。
    https://youtu.be/PdXnQYc0VCY

    午前8時30分より配信が始まり、午前9時より開式いたします。
    なお、9月20日(日)は終日休館日です。参拝できません

     

    ※閉式時刻は午前10時頃を予定しております

     


    令和二年 東教会長のことば(9月5日号)

    0

      95日号

       

      大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

       

      「佼成」9月号は、“師の言葉をたどる”と題した<特別企画>が大変有り難いです。難局と呼ばれる場面で、それらを乗り切るために三つのテーマを定めて、開祖さまと会長先生のご法話を掲載して下さっているからです。新型コロナウイルスとの共生と言われるいま、読んで実践したくなる内容になっています。一部を引用してご紹介します。

       


      (1)ピンチはチャンス

      大変なときこそ、いままでの見方から脱却していくことが肝心であり、見方を変えていくなかで活路を見いだしていくということです。

       

       

      (2)苦しいときこそ利他心を

      もし世界中のすべての人がそんな投げやりの気持ちでいるならば、どうして抜本的改善ができましょうか。今こそ事の根源に立ち返って正しい道を切り拓く、このような懺悔を行う絶好の時機だと思うのであります。

       

       

      (3)まず一歩を踏みだす

      悩みや苦しみに直面したときには、体を使って「何かやってみるほうがいい」でしょう。そうすると「苦悩」が「苦労」に変わります。その経験は、思慮深さや視野の広がり、心の柔軟性や思いやりの深さなど、それぞれに人間的な魅力をもたらしてくれるはずです。

       

       

       今月号のご法話は、法華経のクライマックスでもある如来寿量品の大切な一句をお示し下さって、法華経の信仰者ならではの妙境を語って下さっています。“難局”“逆境”を生き抜く名句として共に味わいたいと思います。 合掌


      「秋季彼岸会」のご案内

      0

         

        9月20日(日)「秋季彼岸会」ライブ配信をご覧になれる方は、以下のアドレスにつなげてご覧ください。
        https://youtu.be/PdXnQYc0VCY

        午前830分より配信が始まり、午前9時より開式いたします。
        なお、9月20日(日)は終日休館日です。参拝できません


        令和二年9月 会長先生法話

        0

          会長法話 

           

          ともに悲しむ心

           

                 庭野日鑛 立正佼成会会長

           

          人 の 悲 し み を 悲 し む 心 情

           

           最初に、詩の一節をご紹介しましょう。福島県の高校で国語の教師をつとめるかたわら、詩人としても活躍する和合亮一さんの、「ともに」という詩です。

           

          「あなたの涙が/わたしに/教えてくれたこと/人は弱い/人は悲しい/人は切ない/だけど/ぬくもりがある/人は人を想う/人は人を愛する/人は人に涙する/あなたも/わたしも/さびしい/だけど/あなたも/わたしも/共に/生きている」(『十万光年の詩』佼成出版社刊)

           

           つらい経験をして悲嘆にくれる人に出会ったとき、私たちはこの詩のように、相手を思い、ときにはともに涙したり、手をとって「いつでもそばにいますよ」と励ましたりします。それは、私たちが人の苦しみに共感して、ともに悲しむことができるという、他の動物にはない懐しい心情をもつ人間として生まれたからです。

           

           その共感力といえるようなものは、生きること、老いること、病むこと、死を迎えることなどをとおして、つらく悲しい気持ちをたくさん味わった人ほど、より発揮されるのだと思います。まして信仰をもつ人であればなおのこと、人の苦しみや悲しみがよくわかり、身につまされるのではないでしょうか。なぜなら、数学者の岡潔さんの言葉をお借りすれば、「人の悲しみがわかること、そして自分もまた悲しいと感じることが宗教の本質」といえるからです。

           

           そしてその本質は、法華経「如来寿量品」の掉尾を飾る、「何を以てか衆生をして 無上道に入り 速やかに仏身を成就することを得せしめんと」の一句にも示されています。

           

           

          自 他 の 仏 性 が 輝 く よ う に

           

           九月のいまごろのことを、暦のうえでは「白露」といいます。朝の草花に宿った露が、日光をあびて輝くさまのことですが、露には「露の世」という言葉に見られるように、はかない印象もあります。しかし先の一句は、露のようにはかなく思える無常の世にあっても、「悲しみにくれる人がいないように」「だれもが仏性に目ざめて救われるように」と願う、仏の切なる思いを伝えているのです。それはまた、菩薩として人に寄り添う生き方を私たちに示します。

           

           つらい立場の人に寄り添うということでは、釈尊とチューラパンタカ(周利槃特)の逸話がよく知られています。

           

           ひどく物覚えの悪かったチューラパンタカは、出家して三ヶ月がすぎても、教えの一節すら覚えられません。そのために、先に釈尊の弟子になっていた兄から「もう出ていきなさい」と、たしなめられるのです。ところが釈尊は、自分の愚かさを嘆き、泣き沈むチューラパンタカに、一本のほうきを手渡して諭します。これで毎日、周囲の掃除をして「塵を払わん、垢を払わん」と唱えるように、と。

           

           やがてチューラパンタカは、その言葉を覚えると同時に「心の掃除が大事なのだ」と気づいて感激し、ついには釈尊の弟子のなかでも重きをなすようになったのです。

           

           チューラパンタカの心を救い、悲しみや絶望感を喜びに転じさせたのは、ひたすらに仏性を信じて寄り添う、釈尊の大慈大悲から生まれるやさしさにほかならないでしょう。

           

           先ほど「無常の世」といいましたが、私たちは、はるかな過去から生まれ変わり死に変わりするなかで、いま、ここに生かされています。それは、善いことも悪いことも含めた過去の経験を内包しつつ、私たちが仏と同じ「永遠のいのち」を生きているということです。

           

           善も悪ももちあわせる私たちの、だれにも共通するのは、仏性という揺るぎない本質です。だからこそ、私たちは自他の仏性が輝くようなふれあい、とりわけ悲しむ人に喜びを与える縁となる実践が、大切だと思うのです。

           


          令和2年9月 大阪教会主要行事

          0

             

            〇ご命日:9月1日、4日、10日(脇祖さま報恩会)、15日

             教団ホームページで視聴、本部役職者の導師、ご挨拶

             

            秋季彼岸会:9月20日(日)

             ・各家庭で実施してください

             ・教会からはライブ配信をする予定です

             

            〇聖壇開帳時間:午前10時から午後1時

             ※大規模集会行事(教団行事、ご命日、各種行事)、道場当番、戒名当番修行、宿直当番修行は、当面の間休止(全国共通)、教会での教育も中止

             

            〇休館日、館内立入禁止日(いずれも入館できません):9月2日、6日、11日、16〜18日、20〜21日、23日、26日

             

            ※9月20日(日)秋季彼岸会はYouTubeにてライブ配信

             


            令和二年 東教会長のことば(8月25日号)

            0

              東教会長のことば 825日号

               

              大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

               

               暦の上では処暑を過ぎました。“厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じる頃”と言われますが、日中を中心にまだまだ酷暑が続きます。どうかお身体を十分においとい下さい。

               

               さて、前回は大阪教会盂蘭盆会でした。ご参加下さり、誠にありがとうございました。「自宅を中心にして分散し、時も超えて心ひとつにご先祖さまへの回向供養をさせていただきましょう」と初めての形で開催されました。ライブ中継も試みました。因みに、今日の時点でYouTubeのカウンターが1,800回を超えています。延べの回数ではありますが1,800×(*^^*)人とすれば、多くの皆さまにご参加いただいたのだと、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

               

               教会中で試行錯誤でした。ご家庭でのご準備にご苦労をおかけしました。お戒名の用意ひとつとっても慌ててしまいます。いつもお声をかけてくださる方々への心配り、ご案内やお宅を訪ねてのサポートに心を砕いて下さいました。その上に、初のライブ中継…。今もこの酷暑の中、ご自身のスマホを持って、ご覧になれなかった方にお見せ下さっています。こうした心から深いお慈悲に、あらためまして感謝を申し上げます。

               

               今月号のご法話「むだなものはない」が心にしみわたってきます。(新型コロナウイルスの感染拡大など)「私たちが、自分のこととして受けとめ、学べば、この世にむだなものは何一つなく、その一つ一つが『ほんとうの自分』、すなわち仏に帰る縁となるのです」の部分を拝読しますと、前向きで、明るい気持ちにならせてもらえます。

               

               今回の初の取り組みも、感染拡大という社会状況を通して自分のこととして学び、そのなかをサンガが工夫を凝らし、ご先祖への感謝という「徳の本(もと)」を心ひとつにして実行できました。たくさんの信者さんの笑顔だったり、喜びのお声であったり、次への糧であったりと功徳をいっぱい頂戴し、私たちの「仏心」がまた一段と大きく成長致しました。皆さま、ありがとうございました。合掌       

               


              令和二年8月10日 大阪教会「盂蘭盆会」の講話

              0

                「盂蘭盆会」東教会長の講話

                 

                大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

                 

                 今日は、大阪教会盂蘭盆会でした。ご参加下さり、誠にありがとうございました。本日、お話申し上げました概要を以下にまとめましたのでご覧いただければ幸甚です。

                 

                 今年の盂蘭盆会は「一堂には会せないけれど、自宅を中心にして分散し、時も超えて心ひとつにご先祖さまへの回向供養をさせていただこう」と“やってみよう、悩んでみよう”の精神で実施させていただきました。皆さまのご協力のお蔭さまで、無事に終えることができました。誠にありがとうございました。

                 

                 初めての試みで大変不安でした。しかし、会長先生の回向文を各自お手元に頂戴するという特別なはからいをいただきました。まるで会長先生がわが家に来て下さったようで、そのように考えますと、今年の夏は、わが家に会長先生をお迎えして、皆さまが導師などの式衆を務めて「先祖供養」という大役を果たされたということになります。

                 

                 

                 開祖さまも、法話集『我、汝を軽しめず』の中で“大役”だと話されています。「ご先祖さまも、仏さまなのです。(中略)自分の命のおおもとであるご先祖さまを仏さまとお祀りして、真心を込めてご供養させていただく。それは私たちの大事なお役なのです」とおっしゃられるのです。この尊いお役を時も場所も超えて、自分だけではなくてOSAKAサンガに支えられて、共に務められたことはなんと有り難いことではないでしょうか。

                 

                 13日からお盆を迎えます。春と秋のお彼岸には田植えと収穫を先祖に感謝致しますが、お正月とお盆は、年神さまとなったご先祖や代々の「生きた御霊(みたま)」が自宅に戻ってこられて、わが家の弥栄を祈るのです。どうぞお盆の朝夕には、先祖代々の御霊に対して、値(あ)い難き仏縁、連綿とつないで下さったいのちのご恩に感謝し、多くの方々に対する善行を心がけて参りましょう。

                 

                 そして、総戒名に向かってお盆の朝夕にはあのひと言を(*^^*)

                 素晴らしいご先祖様の元に生まれることができて、本当にありがとうございます」 合掌

                 

                 

                ●「盂蘭盆会」の配信は9月10日(木)までご覧いただくことができます。リアルタイムでご参加できなかった方、もう一度視聴したい方は是非ご覧ください。

                 https://youtu.be/SDzjBhefcNQ
                 

                 


                令和二年 東教会長のことば(8月05日号)

                0

                  85日号

                   

                  大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

                   

                   感染された方が徐々に増え続けています。20代、30代の若い方々が中心で、今後、年齢層が拡大していくことが危惧されています。いま一度、“三密”を控えるようにお互いさまに注意をしながらも、溌溂として日々を過ごして参りましょう。

                   

                   不安や恐れが再び気持ちを乱すような時は、気持ちを込めて朝夕ご供養をさせていただき、会長先生のご法話をしっかり拝読しましょう。いつも、いつも“私”を励ましてくださる言葉と思いに満ち溢れているのですから。

                   

                   私は、今月号のこの言葉を何回も読み直しました。

                  「仏はさまざまなかたちで、あるいはものごとをとおして、私たちが迷いの世界から離れるヒントを与えてくれています」「いいことも悪いことも含めたこの世のあらゆるできごとが、『ほんとうの自分』に帰って幸せを味わうためのヒント、縁になるということです」(新型コロナウイルスの感染拡大など)「私たちが、自分のこととして受けとめ、学べば、この世にむだなものは何一つなく、その一つ一つが『ほんとうの自分』、すなわち仏に帰る縁となるのです」。

                   

                   なんと前向きな、明るい気持ちにならせてもらえるのでしょうか。私たちはつい規制されることや疑わしいことに耳を奪われてしまい、不自由さや不審な気持ちを自ら冗長させていまいます。そうではなく、「学びなさい」「慈心をもって法を説け」とご指導くださっています。<あなたを待っている人がいるのだから>と励まして下さっています。

                   

                   810日、大阪教会では盂蘭盆会のご供養を、「一堂には会せないけれど、自宅を中心にして分散し、時も超えて心ひとつにご先祖さまへの回向供養をさせていただこう」と“やってみよう、悩んでみよう”の精神で、ライブ中継も交えて実施させていただきます。いのちをつないで下さったご先祖に感謝の誠を捧げ、会長先生のご指導をしっかりとかみしめて、前向きで気持ちを取り戻して参りたいと思います。 合掌

                   

                  【「盂蘭盆会」ライブ配信のご案内】

                  810日(月・祝)、大阪教会「盂蘭盆会」ライブ配信をご覧になれる方は、以下のアドレスにつなげて見てください。
                   https://youtu.be/SDzjBhefcNQ

                  ※午前830分より配信が始まり、午前9時より開式いたします。(「式次第」の時間は目安です)

                   なお、810日は終日休館日です。参拝できません

                   

                   


                  大阪教会「盂蘭盆会」の案内

                  0

                     

                    ●810日(月・祝)、大阪教会「盂蘭盆会」ライブ配信をご覧になれる方は、以下のアドレスにつなげて見てください。
                     https://youtu.be/SDzjBhefcNQ

                    ※午前830分より配信が始まり、午前9時より開式いたします。(「式次第」の時間は目安です)
                     なお、810日は終日休館日です。参拝できません

                     

                     


                    令和二年8月 会長先生法話

                    0

                      会長法話 

                       

                      むだなものはない

                       

                             庭野日鑛 立正佼成会会長

                       

                      「仏 に 帰 る」た め の 精 進

                       

                       先日、ある方から「仏になるためには、どんな実践や工夫をすればいいのでしょうか」と尋ねられました。仏教を「仏になるための教え」と説明することがあるので、そのためには何をしたらいいのか、という問いかけです。

                       

                       しかし、法華経の「如来寿量品」をよく味わうと、どうやら私たちは、仏になるために精進するわけではないようです。そこで、私の理解の範囲でこうお話ししました。

                       

                      「仏になるというのは、『悟りを得る』ことを指すのかもしれませんが、その意味でいえば、私たちはすでに悟っている、と教えられてあります。ですから、仏になるために修行を、工夫をするというよりも、悟ったあとの精進をしている、それがいまの私たちの日常生活といえるかもしれません」と。では、なぜ精進をつづけるのかといえば、私たちがときどき自分の本質を忘れてしまうからです。悟っている「ほんとうの自分」に帰るための精進、それが日常の信仰生活なのです。

                       

                       いろいろな悩みや苦しみに出合う人生ですが、私たちはすでに悟っているのですから、その自分(自己)を信じ、また人さま(※他己)を信じて、ともに精進することによって、この世界がそのまま「寂光土」となることを教えていただいているのです。そのような仏の教えと出会い、命の尊さを自覚させていただけばこそ、文字どおり有り難い日々をすごせるのですが、残念なことにその幸せな自分を、私たちはときどき忘れては、苦しんでいるのです。

                       

                      自 分 の こ と の よ う に

                       

                       ところで「如来寿量品」には、「如来の演ぶる所の経典は、皆衆生を度脱せんが為なり」(仏の教えはすべて、人びとを迷いの世界から救うためのものです)とあります。

                       

                       度脱とか迷いの世界から救うというと難しい印象ですが、要するに、いつでも心から、幸せだ、うれしい、楽しいといえる人間になるということです。そして私たちは、自分の本質を忘れなければ、その幸せを実感できるのです。

                       

                       そこで、仏はさまざまなかたちで、あるいはものごとをとおして、私たちが迷いの世界から離れるヒントを与えてくれています。万億の方便と経文にあるように、聖人や賢人の教えだけでなく、いいことも悪いことも含めたこの世のあらゆるできごとが、「ほんとうの自分」に帰って幸せを味わうためのヒント、縁になるということです。

                       

                       人によっては、ケガや病気によってほんとうの自分に気づくかもしれませんし、人の痛みが理解できるようになって初めて、慈悲の心が呼び覚まされる人があるかもしれません。また、人の幸せを見てわがことのようにうれしくなったり、感動の涙がこぼれたりしたら、それは自分の仏性が現れているからでしょう。

                       

                       仏は、すべての人が救われるように、幸せになるようにと願われていますが、私たちが人の悲しみや喜びを自分のこととして受けとめていくと、その仏の願いが自分の心に根づいていることに思い至るのです。

                       

                       新型コロナウイルスの感染拡大など、世界に広がる現象も、私たち一人ひとりにいろいろなことを教えてくれます。私たちが、自分のこととして受けとめ、学べば、この世にむだなものごとは何一つなく、その一つ一つが「ほんとうの自分」、すなわち仏に帰る縁となるのです。

                       

                       余談ですが、遠い国の人のことを自分に重ねて思い、世界じゅうの人の幸せを祈る人たちは、みんな願いを一つにする仲間、いわば世界サンガの一員といえます。

                       

                       自他の仏性を信じる私たちの「信心」、つまり信仰が、世界にほんとうの幸せを広げる原点となるでしょう。

                       

                       

                      ※他己

                      他の人やいっさいの存在のこと――自他一如と見れば、自分以外のすべてが「自己」と一体の「他己」といえる

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:318 最後に更新した日:2020/09/15

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM