令和二年4月 会長先生法話

0

    会長法話    

     

    偏った見方を越える

     

       庭野日鑛 立正佼成会会長

     

    「自 分 は 正 し い」と い う 偏 り

     

     ふつう私たちは、自分の考えや行動が間違っているとは思いません。人から「それは一方的な見方ですよ」と指摘されても、自分が、先入観や色眼鏡でものごとを見ているとは考えないものです。

     

     それでも、たとえば自分にいつもやさしくしてくれる人の言葉は素直に信じられても、批判的な人の声は端から否定するのではないでしょうか。自分の感情や都合を大事にするそういう見方や受けとり方を、私たちは多かれ少なかれしていると思います。これは、いうまでもなく自己中心の狭い見方です。この見方が高ずると「私の考えが正しい」「自分の判断は間違っていない」といったとらわれや偏見が強くなって、ものごとを正しく見る目がさらに曇ります。

     

     そこで、そういうものの見方を省みるとともに、自己中心に偏りがちな視野を大きく広げる動機づけともなる、法華経の一節をご紹介しましょう。

     

    「等正覚を成じて広く衆生を度すること、皆提婆達多が善知識に因るが故なり」(私が仏の悟りを得て人びとを救えるのは、すべて提婆達多という善き友のおかげです)「提婆達多品」の有名な言葉です。自分を敵視して殺そうとまでした提婆達多のことを、釈尊が感謝の思いをこめてサンガに伝える重要なくだりですが、これは私たちが、偏った見方から大きな見方へと心を切り替える、スイッチのような役割をもつ一節でもあると、私は受けとめています。

     

    仏 性 を ひ た す ら に 信 じ る

     

     深い闇の底にあった地平線が白みはじめるころ、明けの明星の輝きを受けて、釈尊は悟りを得たといわれます。そのとき釈尊のみ心は、おそらく明星輝く中天にまでのぼり、宇宙と一体となって、大いなる真理をつかまれたのです。

     

     それは、宇宙的視座でものごとを見たということかもしれませんし、明星の輝きが自他の仏性の輝きと重なったということかもしれません。いずれにしても、そのとき釈尊の目には、何もかもが美しく光り輝く仏性そのものという、この世の実相がありありと映ったのではないでしょうか。

     

     そして釈尊は、提婆達多からの非難や攻撃という厳しい現実に直面するなかでもまた、心を天にのぼらせて、広く大きな心で提婆達多と向きあったのだと思います。

     

     すると、その瞬間に「自分を害する悪い人」と見る自己中心の心が、スッと仏性を信ずる大きな心へと切り替わり、すべてに合掌・礼拝せずにはいられなかった――そういう心の切り替えをうながしてくれた提婆達多は、釈尊にとって「善知識」以外の何ものでもなかったといえるでしょう。

     

    「みんな仏性」という見方に立てば、偏った見方で人を傷つけたり、争ったりすることはありません。人を批判する前に、「そうか、あの人も仏性なのだ」と思い返すきっかけがあれば、偏った見方をして悩むこともないのです。

     

     ただ、誤解されやすいのですが、仏性を信じるというのは、相手のいいところを見ることではありません。相手を、まるごと仏性として拝むことです。すべての仏性をひたすらに信じるなかで、私たちは矛盾や葛藤とも向きあい、人として成長していくのだと思います。仏教思想家の毎田周一師は、「信じる」ことについて「世には自分が相手を疑っていて/相手が自分を信じないと/小言をいっている人がある」「自分が人を信ずることによって/相手を信じさせること――/これを信の大道という」といっています。

     

     よけいな先入観などをもっていなかった幼いころには戻れませんが、せめて花まつりの日に、釈尊降誕のお姿を彷彿させる誕生仏に接して、純真無垢な心をとり戻し、自他の仏性を深くかみしめることは大切でありましょう。

     


    『希望と連帯の諸宗教のひととき(祈り)』のご案内

    1

    『希望と連帯の諸宗教のひととき(祈り)』

     

     のご案内

     

     新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により生活が変化する中で、世界宗教者平和会議(WCRP)では、『希望と連帯の諸宗教のひととき(祈り)』が開催されます。それに関係する世界の宗教指導者がネット上に集い、ともに祈りを捧げます。

     

     立正佼成会からは庭野次代会長が、仏教徒として参加されます。

    その中で、<自分たちが不自由な想いや、大変な想いをしているときだからこそより厳しい状況にあり悩み苦しんでいる人のことを思い起こし、寄り添い、ともに行動しよう>と、大聖堂の聖壇から、世界に向けて祈りを捧げます。
     

     この祈りのひとときは、次代会長や庭野平和賞受賞者であるグナール・スタルセット名誉司教様(キリスト教)はじめ、様々な世界的宗教指導者12名ほどで行います。

     

     次代会長と同じ気持ちで、世界の宗教者の方々と一緒に心ひとつに祈りを捧げませんか?

     


    【日時】2020年4月1日 22:00〜23:00頃(日本時間)

     ※次代会長の順番は、5番目を予定(変更の可能性あり)

     

    【目的】人類愛を分かち合い、健康を願い、私たちが慈悲をもって実践することを誓う

     

    【視聴方法】祈りの様子をご覧いただくことができます。

     

    ★事前登録をした人は登録したメールアドレスに届いているメールから「Click Here to Join」をクリックしご覧ください。

    ★事前登録をしていない人や、登録をしたけど見られない人はこちらからご覧ください。

    〈Youtube〉

    https://www.youtube.com/channel/UCm0YGA2VACdAdTh9W3T55qA

    祈りの時間が始まるまでは何も再生されません

     


    令和二年4月 大阪教会主要行事

    1

    令和二年4月 大阪教会主要行事

     

    ※新型コロナウィルス対応について

    基本的に多くの方々が集まる活動を避けることになります。

     

    〇ご命日:4/1 大阪教会発足56周年

         4/4 ランドセル祈願

         4/10・4/15

         集会日とせず、休館日扱い

     

    〇4/8:降誕会

         集会日とせず、休館日扱い

     

    〇その他の日も、休館日扱いとなります。

    〇教会での教育は中止となります。


    令和二年 東教会長のことば(7)

    1

    東教会長のことば(7)

     

    大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

     

    “精進できる感謝を込めて…”日々ありがとうございます。

     

     お彼岸が明けました。

    教えでつながろう”と地区や地域で創意工夫を凝らしてくださって、ひと月が経ちました。お彼岸にはどんな準備をされたでしょうか。

     

     教会では、職員で聖壇にお盛物を捧げて、ご供養をさせていただきました。ご供養の最中、ご先祖さまがたくさんご集合されている気配がしました。初代教会長さんを囲んでワイワイされているようで、きっと皆さまの真心が嬉しくて笑顔満面でお集まりになったのだと感じました。お戒名はしっかりお護りしています。ご安心くださいね。

     

     私たちにとって、お彼岸は“回向供養”の大切な時です。ご先祖の徳をあがめた感謝の気持ちは、自分の未来に大きな功徳をもたらします。感謝の実践によって、悲願である仏さまの世界(彼岸)に渡れるのだと教えていただくからです。尊い一週間ですね。

     

     さて、創立記念月を皆さまと共に過ごして参りました。いかがでしたか?

     

     新型コロナウイルスの世界的な感染にも驚きますが、環境汚染をとっても一地域、一国の問題ではおさまらない地球規模の広がりを実感せざるを得ません。さらに、いまの生き方が子供の世代、さらに子々孫々へと重大な影響を残す時代を生きていきているのだと思います。まさしく“共業共果(ぐうごうぐうか)の時代”です。

     

     こうした時代に、私たちは「先祖を大切にすることは、未来の子孫のことを考えること」など、仏さまの智慧をたくさん学んでいます。いまある感謝を先輩方に申し上げると共に、“私の居る所が即ち道場である”(即是道場)という志をもって、創立の精神を忘れず菩薩行を実践して参りたいと思います。その実践を積み重ねながら、創立100周年に向けて信仰人を育む“道”を歩んで参りたいと思います。

     

     大変なご苦労をおかけした一カ月間でした。誠にありがとうございました。 合掌

     

    ※次回41日は、現在配送を停止しています「佼成」4月号の『ご法話』を全文掲載してご紹介します。お楽しみに(^^)/


    令和二年 東教会長のことば(6)

    0

      東教会長のことば(6)

       

      大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

       

      “精進できる感謝を込めて…”日々ありがとうございます。

       

       今日は、お彼岸の中日です。

      お彼岸会でお出しくださいました各家のお戒名ですが、現在、戒名室に丁重にお預かりして法華三部経による供養をさせていただいております。

       たくさんのご先祖様の前に佇みますと、嬉しそうなお顔が浮かんでくるようです。開祖さまから教えていただく「先祖供養」の有難さとその功徳をしみじみと感じます。

       

       開祖さまは、先祖供養の大切さを、いつもこんな風におっしゃられていたのではないかと思います。―苦しんだ先祖がいると幸せの妨(さまた)げになるから、それを清めるためにご供養するのでは先祖は報われません。たとえどんなに苦しんだ人生であっても、精いっぱい生きてこられた人生です。そのお陰さまでいまの自分がいるという感謝の思いこそが大切です―と伺いました。

       ですから、私はいつもご供養の後に、御礼を申し上げるようにしています。「すばらしいご先祖のもとに生まれることができて、本当にありがとうございます」と。

       

       開祖さまは、さらに「感謝の念をもって先祖の徳をあがめ、先祖に安心していただけるような自分になりますと誓い、努力するのが供養」というご指導を下さっていて、それを自分の信に据えることで、私自身の変えられない過去までが、すべて尊い宝物になってきます。<感謝>ができるようになってくるのですね。

       今日はとくにご家族でご供養をされ、ご一緒にご先祖さまに御礼を言ってみましょう。

      「すばらしいご先祖のもとに生まれることができて、本当にありがとうございます」

       

       今月の「佼成」3月号・ご法話で「頭陀(ずだ)行」が取り上げられています。それは「欲を少なくして足ることを知る生き方」に通じ、<感謝>の日々を送れる大事な心がけですが、私たちにとって一番大切な「先祖供養」ではないかと感じます。いかがですか?

       

       どうぞ周りのご縁ある方々にも、是非ご先祖へのご供養をされているか、少し聞いてあげていただければと思います。


      令和二年 東教会長のことば(5)

      0

        東教会長のことば(5)

         

        大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

         

        “精進できる感謝を込めて…”日々ありがとうございます。

         

         東日本大震災から丸9年の11日午後246分。宮城県名取市のメモリアル公園上空に大きな虹がかかったと知りました。犠牲者を思い「虹を渡って会いに来てくれた」と話された方が多かったと伺いました。思いを馳せる…温かな心と出会ったように感じました。

         

         さて、被災地の教会でも、そんな温かな心のつないでいこうと取り組まれたそうです。多くの方々が集まる活動を避けて、“教えでつながろう”と創意工夫を凝らされたと伺いました。少しご紹介します。

         

         サンガの工夫…「感謝コール」「安否コール」です。

        サンガや身近な家族に電話やメール、手紙などで感謝を伝えようとされました。すぐに返信がきたり、自宅まで絵葉書を届けてくださった会員さんがおられたとか。みんなでほっこり。サンガの温かさを実感します。

         また、この日に向けて、週に1度以上、健康を気遣っての電話作戦です。電話による総手どりですね。罹患された方の早期回復も祈念されて、信仰的な思いも掘り下げてくださったと伺いました。

         

         ご自宅での工夫も聞きました。

        ちょうど創立記念日の5日、自宅で9時のご供養で“学校休校”の子供たちを脇導師に迎えて、今年ならではの自宅式典。「即是道場」を念頭に置いて、いまいる場所で開祖さま、会長先生に安心していただけるよう、“明るく優しく温かい心を発揮しよう”と頑張りました。11日も同じようにご供養ができたと大喜びだったそうです。有難いですね。

         

         さて、みなさんは、どんな工夫をされていますか。

        “教えでつながる”ために『まずはやってみよう、悩んでみよう』精神でお願い致します。

         

        今日は、毎日、教会をお護りしている職員さんの元気な様子をご覧ください。(パチリ)

         

         




         

         


        令和二年 東教会長のことば(4)

        0

          東教会長のことば(4)

           

          大阪教会のみなさま (*^^*)“ごきげんよう”

           

          “精進できる感謝を込めて…”日々ありがとうございます。

           

           さて、今日は、節分会にお話をさせていただいた“今年の運気”のおさらいです。大阪府下での感染が広がっています。細心の注意を払って、予防にお務め下さい。感染拡大が心配ですが、少し気を取り直して、2020年の精進の糧にしていただければ幸甚です。

           

          <庚子(きのえ・ね)七赤金星中宮の年回り>

           

           「庚」は変化することを恐れない・変化に向かって果敢に挑戦する姿勢や心。「子」は一陽来復、幕開け、親密な人間関係を表します。「七赤金星」は新しい、画期的を表します。総合すると、「新しく画期的な時代の幕開け」を促す一方、急激な改革も伴いそうです。

           全く同じ運気だったのが180年前。1840年、アヘン戦争が勃発して世界秩序が変化、国内では幕府の財政基盤を揺るがす改革で、庶民は大いに苦しんだとう史実が残されています。

           

           こういう年回りの時は、家族や周囲の方々との繋がりや助け合いが必要になります。地道の上に地道を胸として歩むことが大切で、感謝を忘れない善行の積み重ねが大事です。

           

           本年、会長先生は「常日頃から、自分の居る所、住んでいる所、身を置く所こそ道場です、家庭や職場、学校、地域社会が本場所です」「そうなっていますか、とつね日ごろの自分を尋ねてください」という意味で「尋常」という目標を示してくださいました。

           

          とくに「尋常」は、私たち一人ひとりが常に大事なものを尋ねて、人間として基本的なことを学び、徳を具え、良い習慣を身につけ、基本信行を実践することの大切さを説いて下さっています。

           

          <九星でみる“ワンポイント・アドバイス”>

           

          〇一白水星の方は、「磨く」です。人生の大きな変換点で、変化を求めるのではなく、自分自身を磨くことに専念しましょう。

           

          〇二黒土星の方は、「喜び」です。大きな飛躍が期待できる年ですので、迷わず行動です。直感を信じましょう。

           

          〇三碧木星の方は、「切り替え」です。素直に現実を受け入れ、今後の人生に生かすことが大切です。地道に努力して積み重ねてきたことが認められます。

           

          〇四緑木星の方は、「熱意」です。興味があるが時間がなくて勉強できなかったことに今年は挑戦です。将来に生かされます。

           

          〇五黄土星の方は「縁を結ぶ」です。ご縁によって今年でなければ学べないことがあり、それは、数年後の大きな飛翔の原動力となります。

           

          〇六白金星の方は「育てる」です。支えられていることに感謝し、報いることが大切です。

           

          〇七赤金星の方は「新しい」です。新しいことが始まりそうですが、十分な計画と準備、そして周囲への気配りと謙虚さを大切にしてください。

           

          〇八白土星の方は「整える」です。地道に努力して積み上げてきた実力と経験が試されとき。積極的にスピードをもって。そもそも多忙な一年になります。

           

          〇九紫火星の方は、「乗り越える」です。まず困難なことから手を付けて乗り越えていきましょう。さらなる飛躍が期待されます。

           

           最後に、今年の恵方は西南西です。歳神さまがいらっしゃいます。一番子孫を大事にして下 さっている、ご先祖さまがおられるわけです。神社で破魔矢を頂いたら矢の方向を恵方に向け て、お寺の護符なども恵方に向けて置くようにしましょう。

           

           少し元気を取り戻されましたか。皆様ありごとうございました。

                                                     合掌 


          令和二年 東教会長のことば(3)

          0

            東教会長のことば(3)

             

            大阪教会のみなさま(*^^*)“ごきげんよう”

             

             日々ありがとうございます。

            やはり、この言葉でスタートですね。“精進できる感謝を込めて…”

            本日は創立記念日、みなさま、誠におめでとうございます。

             

             私たちは目下、新型コロナウイルスの感染拡大を避けるために、教会参拝をはじめ、いつも楽しみにされておられる法座や手どりをはじめ、さまざまな修行を控えてご協力をいただいており、心から感謝申し上げます。

             

             一刻も早い終息と感染された方の早期回復を心より祈念しております。みなさまもくれぐれも手洗いの徹底、人混みを避けるなどご自愛ください。

             

             さて、創立記念月の「佼成」3月号のご法話を拝読しますと、私たちが創立記念をお迎えする一番大切なことは、“法華経を学ぶことの有難さ”、“支え続けてくれるサンガの有難さ”をあらためて実感することだと確認させていただきます。

             

             創立当初は、今のような建物も、式典も何もなく、わずか30数名のサンガでスタートされました。唯一あったのは、“信仰的な人と人との交流のなかで自らを磨く”こと、“一人でも多くの方に教えを知っていただこう”(立正)という思いだけで、今のような佼成会を築き上げられたのです。力の限りを尽くしてつくってくださった先輩方に、感謝を申し上げたいと思います。

             

             

             そうしたご恩にお報いするためにも、年頭のお言葉通り「私の居る所が即ち道場である」という志をもって、創立の精神を確認して、教えを実践して参りたいと思います。

             

             本日は、誠におめでとうございます。  合掌

             


            令和二年 東教会長のことば(2)

            0

              東教会長のことば(2)

               

              大阪教会のみなさま“ごきげんよう”

               

               日々ありがとうございます。お元気でお過ごしでしょうか。

              創立82周年をお祝いする3月をお迎えしました。創立月を迎え、今日の礎を築き下さいました、開祖さま、脇祖さまをはじめ、先輩の幹部の皆様、信者さんの寝食を惜しまぬご尽力に感謝を申し上げたいと存じます。

               そして、私たち自身が信行に励むことで、ご恩にお報いして参りたいと思います。

               

               佼成会では、「日々ありがとうございます」と、あいさつを交わします。私は本当に美しい言葉だと感じますが、実は信行に励む言葉だったんです。ご存知でしょうか。

               開祖さまは、このようにあいさつを交わすことで、「お互いさま、正しい生き方をめざして日々、努力精進できる感謝を表す」「そうした心をもつ人の集まりのなかで過ごしていると、<まず人さま>という気持ちでふれあう時の言葉づかいや、起きた出来事を自分の心や行いに照らして受けとめることの大切さを肌で感じることができる」とお話し下さいました。

               

               「佼成」3月号のご法話では「法華経を学ぶことで感謝に目覚め」「仏の教えを学ぶ私たちは、『満足できる幸せ』のただなかにいるといってもいいかもしれません」と、創立の意義と今の私たち自身の境遇をより深く確認して下さっています。

               3月は、そのような感謝と喜びを、お互いに改めて感じて過ごして参りたいと思います。

               

               日頃のご健康にご注意いただいて、元気溌剌に信仰生活をお送りいただけますよう祈念しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

               

              ※「ごきげんよう」は「あなたのご健康とますますのお幸せを祈っています」という意味が込められた言葉です。美しい日本語ですね。 合掌                      

               


              令和二年3月 会長先生法話

              0

                会長法話 

                 

                満足できる幸せ

                 

                庭野日鑛 立正佼成会会長

                 

                欲 を は な れ る と

                 

                「欲深き人の心と降る雪は 積もるにつけて道を忘るる」

                 季節は暖かな春を迎えようとしているなか、寒々しい響きの道歌ですが、この歌のとおり、欲の皮が張っていると、人は、人として歩むべき道をいつしか見失ってしまいます。

                 

                 今月、創立八十二周年を迎える本会を、開祖さま(庭野日敬)とともに開いた脇祖さま(長沼妙佼)は、逆に、常々「欲をはなれると徳がくる」と話していたそうです。

                 

                 欲は自然のものですから、生きるうえでは必要なのです。ただ、必要以上に欲が深い人は、「あれがほしい」「これも自分の思うとりにしたい」と私利私欲にとらわれるあまり、人への思いやりが二の次になりがちです。心が「我」=「自分のこと」でいっぱいの状態だからです。

                 

                 ところが、何ごとにつけ、ほどほどのところで満足できる人は、人のことを考えるゆとりもありますから、たとえば好物が手に入っても「一人で食べてはもったいない。人にも分けてあげよう」という気持ちが自然に湧いてきます。そもそも、ほどほどをわきまえている人にとって、必要以上のものは欲しないといえましょう。

                 

                 そうした人間らしい思慮や、他を思いやる気持ちが行動となってあらわれることを、脇祖さまは「欲をはなれると徳がくる」といったのだと思います。それは、人間がもともともっている徳分が、自然に滲み出るということです。

                 

                感 謝 こ そ

                 

                 法華経の「見宝塔品」に、法華経の教えを学び、実践する人は、ほんとうの意味で精進する人であって、「是れを戒を持ち 頭陀を行ずる者と名く」とあります。

                 

                 辞書によれば「煩悩を振るい落とし、払い除く」のが「頭陀」の意味で、一日一食を守るとか、ボロ布で作った衣を着るなど、そのための精進が「頭陀行」です。

                 

                 頭陀行といえば、「頭陀第一」と呼ばれた魔訶迦葉が思い浮かびます。魔訶迦葉は「衣や食や寝床などに、いっさい文句をいわず、満足する者である」と伝えられています。

                 

                 現代の私たちには、実践するのが難しいように思えますが、「何ごとに対しても、不足を口にしないで満足する」というのは、授かったものに感謝して、自分勝手な「よしあし」をいい立てないということです。それに、頭陀行をごく簡単に「小欲知足」と説明する文献もありますから、欲を少なくして足ることを知る生き方、与えられたものをできる限り素直に受け容れて、感謝のうちに暮らすことは、私たちが日ごろから心がける姿勢と重なるものです。

                 

                 また自分自身の容姿などについて、それがなんであれ「よしあし」をいうのは、「自分の命に対する不殺生戒をおかすことになる」と学んだことがあります。その意味では、何ごとにも「よしあし」をいわない生き方は、先に述べた経文の「戒を持ち」ということにも一致します。しかも、それができるのは、法華経を学ぶことで感謝に目ざめるからだと受けとめられます。だとすると、法華経をとおして仏の教えを学ぶ私たちは、いつでも「満足できる幸せ」のただなかにいるといってもいいのかもしれません。

                 

                 しかし、そのように理解していても、ものごとを感謝で受けとれないときがあります。そうしたときには、合掌・礼拝などの「形」から入ることも大切です。

                 

                 たとえば、食事の際に「いただきます」といって合掌するのは、その習慣によって、食事が摂れることや食材の命、さらには生きていることへの感謝の心が育つともいえるのですから。

                 

                 生きていくなかで、授かったすべてに合掌する―――そこに感謝と喜びがあり、ほんとうの満足と幸せがあるのです。



                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                2627282930  
                << April 2020 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                書いた記事数:282 最後に更新した日:2020/04/01

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM